初遠征!オダ近BRM!!

前記事で告知してた通り、オダックス近畿主催・BRM114淡路200kに行ってきました。
昨年は熊本Flecheに参加しましたが実は『BRMでは地元・広島以外のブルベに出たことが無いんですよ』って言うと、多くの方から意外~って反応を頂く。そか?
しかもクルマで行かないので、新幹線輪行&前泊・後泊と言う豪華ツアー決定!翌15日は仕事に休みを入れてカンペキ!!

初遠征でワクワクですよ♪

今まで輪行は何度か経験しているが、袋の中でどうしてもホイールがガチャガチャしてフレームが傷ついたりして不満だったので今回は事前に何度も練習し、どーやったらキッチリと梱包できるかを入念にリハした。
持参する装備もこの時期の耐寒訓練に備えて最も厚手のもので揃える。どうしてもかさ張ってしまうが仕方ない。
輪行遠征ってのは、持参する装備を必要最小限に留める必要があると言う時点で既にハードルが若干上がってしまい、ブルベが自宅から始まってる感すらも味わえる訳でその分、ブルベを他の方よりも十二分に楽しめている!って思うのは自分だけだろうか。

前日13日。
荷物の最終準備を済ませ、16時に帰宅する奥さんをソワソワ待つ。
彼女の帰宅と同時に東広島駅まで送ってもらってこだま乗車。

東広島駅、行ってきます!
東広島駅、行ってきます!

こだまってなかなか乗ることが無いんだが意外と乗客多いな。もっとガラガラかと思ってた、ゴメンよw でもそれは次の福山までだった。まぁ大抵の人はココでのぞみに乗り換えるよね。

新幹線輪行お約束の最後列席うしろの荷物置きスペースも争奪戦と云うね。大型キャリーバッグの人も多いからね。何とか輪行袋を置き、しばしゆっくりする。

が、こだま 列車の進行もゆっくりだ。各駅毎の停車時間が長い長い(;´Д`)
ツウな人はその時間にホームに出て売店で買い物したり、うどん屋に入ったりしている。ナルホドそーゆーことね。

20時前に西明石へ到着。予約したホテルは駅近くにとった。が!
この男のお約束でホテルに辿り着けないと言うね(;´Д`)

お前は500m歩くレベルでもキューシートが要るんか!

って罵られるレベル… Googleセンセに助けられて何とか到着。ふぅ~…

さぁて…明日は何時に目覚ましをセットするかな。
起床→買ってるパンを喰う→身支度をする→ホテル前で輪行を解く→淡路島に渡るジェノバライン明石までは約4キロ自走→13分の船旅→ジェノバライン淡路港からスタート地点の松帆の湯までは3キロ。ん~…

ジェノバラインは高速艇のようで、積載自転車が多かった場合は積み残しになるか輪行袋での積載になると書いてある。…。それも面倒やん。
ん~…思案の末やっぱ5時起きかな。ホテルの朝食食べれんけど仕方ない。

目覚ましをセットした5時前に目が覚める。子どもの遠足並じゃ。
パンを喰いつつ天気予報をチェック。うん。雨の心配は無さそうだ。レイン関係は部屋に置いとこう。

鍵をフロントに預け、ロビー前で輪行を解き、さぁ行きますか!
国道2号線を東へ。ジェノバラインの目印は『左手にファミマのある交差点を右折』と覚えとく。

いざ出発!
いざ出発!

走りはじめてスグに思ったのが、指先がとても冷たい。
早朝のこの時間が最も気温が下がる時間だから仕方ないな。サイコンを見ると1℃ってなってる。うぅ…寒さDNS or DNFはヤだな…。

目的の交差点まではあっという間だった。信号待ちしてるサイクリスト1名発見。どー見てもランドヌールだ。

おはようございます!

声を掛ける。寒いですね。地元の方ですか?広島から来ました。みたいな…
交差点を渡るとジェノバライン本土側港はスグだった。

ジェノバライン明石
ジェノバライン明石

来た!ついに来たぞ!
200k-BRMの1日が始まる高揚感。いいね、忘れかけてた何かを思い出す。
ここ最近はスタッフばかりやってて、決してそれがイヤだと言う気は無いんだけど、純粋にひとりのランドヌールとしてBRMを楽しめなくなってたのは事実。

今回、近畿さんのBRMに出させて頂くことでスタッフ業務から全く切り離された単なる参加者としてブルベを楽しむことができる。それも目的のひとつであったことは間違いない。

初遠征。初アワイチ。初オダ近。何もかも初めてだ。嬉しさしかない。
50も過ぎてこんな経験させて頂けることがとても嬉しいよ。

港に着くと既にランドヌール数名が列を作っていた。軽く挨拶。
そだ!切符を買わなきゃだな。急ぎ自販機で切符を買う。

乗船券購入
乗船券購入

社食の食券を買うみたいで、ちょっと気分↓な券売機。

お値段
お値段

乗船待ち列の最後尾へ。この人数なら全員乗れそうだな。安堵。
程なくして船が着岸してきた。まぁまぁ大きい船だ。
(こないだの瀬戸田の船よりはるかに大きいw)

ジェノバライン明石
ジェノバライン明石

船尾のデッキも広くて自転車沢山積めるじゃん!誘導されて乗せて自分は客室内へ。
あったかぁ~い♪ホッとするわ。
船内のランドヌール・ランドヌーズは20名ほどかな?他に釣り客とか数名。

自転車220円ってのが高いか安いかだが、係の人は自転車を丁寧に扱ってくれるし船上ではちゃんと固縛してくれてるので妥当なお値段と思ったよ。

積載状況
積載状況

7時
船は離岸しエンジン フルスロットル!
早い!!さすが高速艇だわ。そして朝焼けをバックにそのシルエットを写す巨大な明石海峡大橋。

明石海峡大橋
明石海峡大橋

綺麗だ…こんな大きな橋は見たことない。
もうこれだけで今回来た甲斐の半分くらいはある←違う!
短時間でも船路があるって旅情があっていいよね。
淡路島が近付いてきた。お? 観覧車が見えるじゃないか。

淡路SA 大観覧車
淡路SA 大観覧車

後で検索してみたところ、淡路SAの観覧車らしい。
へぇ~高速道のSAに観覧車があるんじゃね。初知り!

7時20分
淡路島到着、下船だ。

上陸!
上陸!

乗船してた中にランドヌーズが1名おられた。頑張りましょう!
ここからスタート地点までは約3キロ。三々五々スタート地点に向かいます。
途中、ここ岩屋の町中を抜ける最中にあったお店…

酒池肉林
酒池肉林

みなまで言うまい (;^ω^)
そして、明石海峡大橋が再び近づいてきた。

明石海峡大橋
明石海峡大橋

しかしデカいわぁ~…世界最長のつり橋なんだってね。

7時半
距離は短いものの激坂を登って、スタート地点である松帆の郷へ到着。
既に多くのランドヌール・ランドヌーズが集まっている。

スタート地点到着
スタート地点到着

今日の参加者は100名。
広島ではやってない時間差スタートを取り入れておられる。
8時スタートが50名、8時半スタートが50名。自分は後の組だ。
で、そのエントリー枠があっという間に埋まる「エントリー峠」があると。
さすが大型組織だ。我がAJ広島にはエントリー峠ないからね…

受付しているスタッフさん達、今日は丸っと1日よろしくお願いします。
ってか、知ってる顔多数。GTO夫妻、KTYM夫妻。あ、トトロ監督も!w

受付中
受付中

GTO妻が言う。

え、こなきさんって矢口さんてお名前だったの!?

えぇ、良く言われます。ソレ…(笑)
かれこれ30年ほど前、妻の実家に初めて行った際にお義母さんも同様に言われましたから。え、何十年前から名乗ってるんかって!?

話が逸れました…
8時スタート組の受付・ブリーフィング中ぶらぶらしてみる。
おぉ…ここから眺める明石海峡大橋も素晴らしい!

朝焼けの光の中に…
朝焼けの光の中に…

戻ってみるとブリーフィングは終わってて車検が始まっていた。

車検
車検

その中に…

ランドヌーズッ!
ランドヌーズッ!

なんと、この気温でナマアシのランドヌーズが!!
寒くないのか…すげーなおい…

車検が終わり次第、順次出走のスタイルのようだ。
広島の場合、受付→車検→ブリーフィング→一斉スタートの形式だから違うもんだね。でもその方がスタート直後の車列が分散されていいんだな。

さて、次は自分たちの番です。受付受付。

受付中
受付中

お世話になります。

オダ近スタッフs
オダ近スタッフs

広島以外のブルベカードを初めて見たよ。

ブルベカード
ブルベカード

各項目に小さな文字で日本語訳が書いてある。丁寧だ。
さすが巨大組織!
そしてブリーフィングが始まりました。

ブリーフィング
ブリーフィング

本日のコース概要等々。これは一緒のスタイルじゃね。
ブリーフィングが終わって車検。で、車検が終わった順に各自スタート。

ここで気が付いた。そか。早く出走しようと思えば車検を早めに終わらせなきゃなんだな。それが分かってなかった自分は車検待ち列のほぼ最後尾になってしまった。そかそか…

なんで出走もほぼ最後尾(;´Д`)
まぁ時間は長いんだし、どっちみち寄り道するき満々だし元々ファストラン志向じゃないからぼちぼち行きましょう。

かの人も動画の中で言ってたじゃないですか。

しばし名言
しばし名言

そ、本命は後から来るんよ
焦っても仕方ない。だって遠征して来てるんだから楽しまなきゃ勿体ない♪

さ、そんなこんなでほぼ最後尾スタートを切りました。

スタート直後
スタート直後

海を左手に見て淡路島を時計回り方向にグルルッと一周とちょっと走る200キロブルベ。いよいよスタートです。

長くなったのでここで一旦切ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。