新潟遠征ブルベ 帰路編

さて、新潟遠征ブルベの記事もこれで最後です。
6月24日(月)。

そう、この日は月曜日。会社のみんなは仕事してる。
自分は有給つかって今は新潟。

急いで帰って昼過ぎに帰宅するのも、
時間を目一杯つかって夜遅くに帰宅するのも、
明日の朝職場で逢う方々からすれば一緒。
だったら今日1日を十二分に楽しまなければ、せっかくの有給をムダにしたも同然よね。

そう思ってこの日もタダで帰る気は毛頭なかった。
4時に起床し新潟市アグリパークを後にする。

3日間、お世話になりました。
自分のようなサイクリストには十分すぎる宿泊施設でした。

最終日もGoogleセンセに音声ガイドされつつ新潟駅まで自走で向かいます。
おおよそ15キロの道のり。

2日前に来た時は時間に余裕があったのでのんびり写真撮りながら来たが、今日はこの後の新幹線の時刻があるので、気分にちょっと余裕が無い。

6時頃
新潟駅着。往路で輪行を解いた場所で今日は輪行スタイルに戻す。もう手慣れたもんで20分ほどの時間をかけてゆっくりと袋詰め。

さて、駅ビルに入ってみるかな…予定している新幹線は7時19分発のMAXとき306号東京行き。時間は十分にある。
各方面向けのお土産を買いたいが、まだお店があいてない。土産物屋さんの開店は7時からのようだ。やられた。
建物内をぶらぶら歩いてみる。土産物屋のガラス越しに日本酒の陳列がある。その中にこんなラベルのお酒が…

日本酒と油揚げ
日本酒と油揚げ

油揚げを肴に日本酒?
そう言えばゴール地点で油揚げがナントカって会話してたな。あの時はしんどくてその会話に喰い付いてなかったんだが、なんなん新潟って油揚げ有名なん?広島県まではその話題は届いてないんじゃけど…

Googleで調べてみると、栃尾の油揚げが有名って!?
栃尾、通ったよ栃尾。
通りながら脳内で沢田研二のTOKIOがリピート再生されて大変だったw

GoogleMapのライムラインで見てみると2日目の17時頃に通ってんじゃん、栃尾。あー、油揚げ喰っとけば良かったよ。後悔しかない💦
日本酒は下戸だけど、油揚げは食してみたかった…

検索してみると、こんな情報あるやん。あぁ~…悔やまれる…

さて、そんなことを考えながらセブンイレブンでパンを買い、市街地を見下ろす通路で喰いつつ時間を潰す。

さよなら新潟
さよなら新潟

7時を待って土産物を漁るように買い込みホームへ急ぐ。
そのホームに滑り込んでいた列車がこちら…

MAXとき
MAXとき

おぉ!これがあの有名な2階建て新幹線か!!
初めて乗るですよ。

予約した座席は2階席の最後方席。
デッキから2階へと上がる階段は半らせん階段のようになってて、輪行袋を持込むのにはちょっと狭い💦

客室内に入り、最初に目に入ってくるのは窓からの眺め。

高いなぁ~
高いなぁ~

おぉ!ホームがあんなに下に見える。

はっはっは!見ろぉ人が○○のようだ!

とは言いませんがねw
この高さですから、走行中の景色の良さはひとしおです。

新潟またいつか
新潟またいつか

まぁ新幹線そのものが高架なんで気分だけってところは否めませんが…
あと、車輌の上の方なので揺れが大きい気がします。そして何よりアレだったのが、最近ではあって当たり前と思ってた足下の電源コンセントがありません。ん~…慣れた身としてこれはかなり痛い。

聞くと、このMAX車輌は老朽で廃止されつつあるんだって。えーそーなんだ…
乗ることができて良かった。幸運。

さて、そんなMAXとき号での輪行袋置き場所争奪戦ですが、ココではマジで戦いがありました。

争奪戦
争奪戦

登山帰りと思われる自分よりも年上の方が、荷物棚にでも置けるであろう大きさのリュックをこのスペースに置いてる…(# ゚Д゚)
後ろから3列目に座ろうとしているので、声を掛けさせて頂いた。

あのー…
この荷物(輪行袋を示しながら…)をこの場所に置きたいんですが…

あっち側(通路向かい席の後方スペース)に置けばいいんじゃない?

いや、自分の席がこっちなんで…

渋々とリュックをあっち側に移して頂いた。
ありがとうございます(実際はもっとやりとりあったんだけど意訳で)。
何とか輪行袋を置くことに成功!

このまま2時間乗っとけば東京まで行ける。
が、途中下車だ。降りるは大宮。

大宮。これまた初訪の地だ。

9時14分 大宮着。

下車する
下車する

半らせん階段をぎこちなく降りてデッキへ。
さぁ、大宮に来ましたゼ。

謎連結の新幹線たちがいた。

連結
連結

何と何がつながってて、どっちへ向いて走り出すのかも分からない。

が、いま自分がとるべき行動は東北新幹線に乗ること!
そう!東北新幹線に乗り換えだ!!

大宮から乗って小山ってところに向かう。
大宮は聞いたことはある。埼玉よね。 小山ってどこ?w
まぁ、どこでもいいや、小山も通過地点だからw

東北新幹線
東北新幹線

20分も乗ってないのでデッキで十分。立っとく。
小山駅で更に水戸線ってヤツに乗り換えて向かった先が下館駅。

下館駅
下館駅

下館?函館なら聞いたことあるが、ここ下館が何と言う地名にあるのかもわからない。後で調べたところ筑西市(ちくせい)と言う地名と。

うん、地名はぶっちゃけ今の自分にはあまり関係ない。
ここから自走で目的地に向かう。
もちろん頼りにしているのはGoogleセンセ。

茨城県筑西市
茨城県筑西市

Googleセンセが右に行けと言えば右に行き、まもなく左方向ですと言えば次の交差点で左折する。なすがまま状態だ。

広大な地域を走る。

筑波山が…
筑波山が…

画像では分からないけれど、霧雨が降っている。
センセの言われるまま30分ほど走っただろうか。お目当ての看板が見えてきた。

看板発見!
看板発見!

上の画像で右端に見切れつつある赤い看板。
福の文字が天地逆さまになっているこの看板のお店がお目当て。
ここを訪れたいがために乗り継いできた。

そしてようやく、遂に、到着!

四川厨房ふう さん
四川厨房ふう さん

そう、関東のランドヌール・ランドヌーズで知らない人はいない四川の名店、四川厨房ふうさん。

以前からTwitterで繋がってて、今回の新潟遠征を機に訪れることをお約束させて頂いてたんです。
しかも本来、月曜日は定休日なのを無理申し上げてお店を明けて頂き、本当にありがとうございます。

お店に到着したのは11時半頃。ちょうどお昼時だ。
朝に新潟駅でパンをちょっと食べただけでおなかも空いている。

店内に入ると奥さんが迎えてくれた。

いらっしゃいませ!あ、こなきさん!!
(面が割れているw)

ど、どぉも…はじめまして。

靴を脱いでこちらへ。どうぞどうぞ…
靴を脱いで上がるお店なんですね(奥の個室に通されるw)

あ、申し訳ないです。
通りがけに厨房で忙しくされているご主人に軽くご挨拶。
はじめまして、こなきです。やっと来れましたよ!

軽くお話させて頂いて個室へ。
畳の広いお部屋でぼっち待機w

えーっと、ここから私はどーすればいいんでしょうか…

時刻はちょうどお昼時。
臨時営業なのにお客さん多い(失礼な!)
でもちょっと安心した。無理言ってお休みの日にお店あけてもらって、自分ひとりで貸し切り状態だったら申し訳なさすぎると思ってたから、ちょっと安心した。

ほどなく奥さんが来られて水を置いてってくれる。ありがとうございます。
そして注文を。

えーっと、何にしましょうか…
何せひとりで食べ物屋さんに入るのが苦手な人間でして…
(あっ、だからブルベ途中でもコンビニだけで十分なんですよね)
なので、こうやって単身でしかも四川のお店に入るとキョドッてキョドッって…

メニュー見てえーっとえーっと…💦
じゃ、じゃあ…ブルベ明けでお肉を頂きたいので回鍋肉を…

あ、ソレいいですねぇ~♪
(奥さんの合いの手が入る)

そ、それとぉこの期間限定の冷やし中華を。

うん、それもいいですよぉ~♪
(合いの手に感謝!w)

チョイス外してないかどうか不安だが、旨そうなのがやってきた!!!

秀麗豚の回鍋肉(ホイコウロウ)

秀麗豚の回鍋肉(ホイコウロウ)

ウマそう!
しまった、ごはんをお願いすれば良かった(軽く後悔💦)

次いで冷やし中華到着。

はじめました冷やし中華
はじめました冷やし中華

冷やし中華、お皿まで凍ってて夏らしくて涼しいい。いい。

そして何より、美味い!
これはねぇ、自分、四川の中華と言うものをたべたことが無いのかも知れません。

ウマいッ!!!

回鍋肉は濃い目の味付けで、ビール!って叫びたくなる。あるいはごはんに乗せて食べたい!!あと味で中華香辛料の風味が残る。

冷やし中華もタレに絡めつつ頂き…ウマい。
呉の地では冷麺と言われる方が通じるが、実は自分、呉の冷麺はタレの酸味がイマイチ苦手なんだよね。
対してふうさんのタレはコクがあって自分はこちらの方が好きだ。

やぁ、ビール!
やっぱりこれはビールしかない!!

でもこの後もチャリで帰らなきゃならないので飲めない。
いや、違うだろ。
ふうさんところにお話しに来たのに飲んでる場合じゃないだろ!

食べ終わり、しばしゆっくりとさせて頂く。

その間も別の個室には団体さんが来られたり…
お忙しいですね。申し訳ない…💦💦💦

14時のランチタイム終了を待ち、他のお客さんが退店されるのを待って、ようやくお話させて頂ける時間がきました。

あれやこれや、沢山お話しさせて頂きましたね。
奥さんも先日400ブルベを制覇されたとのこと!次は600目標ですね。
ご夫婦でブルベを楽しまれるって素敵じゃないですか。

パッと思い当たるところでは、近畿のKTYM夫妻とGTO夫妻。
あ、でもこの方々はスタッフ系ですし…💦

本当に沢山お話しさせて頂き、そろそろ帰らなきゃならない時間。
長い時間お話しさせて頂いたのですが、写真を撮ることを忘れていたと言う失態…ったく何をやってんだか…

あ、看板やお店のあちこちに貼ってある「福」の文字が天地逆さまに書かれている理由は、福が降りてくるようにっていう意味なんだそうです。
いいね、福は降りてきて欲しいよね。誰しも。

お邪魔しました&お世話になりました。
是非とも走りもご一緒したいですね。どっかのブルベシーンでお会いしましょう(^^)/

さぁて…
四川厨房ふうさんご夫婦に見送られてお店を後にします。
ありがとうございました。大変お世話になりました。

ここからは本当の帰路です。
来た道を戻り下館駅へ。雨なのでレインウェア着て帰ります。

Googleセンセは先ほど到着したのとは別入口の下館駅に案内してくれたようで、景色が違ってちょっと焦りました。関東鉄道って方の下館駅でした。
地方では私鉄がなく、駅ってのはJR駅ってイメージしかないからね。

輪行袋にバイクを入れ、高架を渡ってJR側の駅へ…

下館駅・帰路
下館駅・帰路

しかし、ここ下館も広島・呉くんだりから見れば十分に都会ってイメージだけれど、JRの列車本数は呉線よりも少ない。時刻表を見ると1時間に1本とか2本とか。

地方民からすれば、関東って都会ってイメージが先行してて山手線とかのあの運行状況をイメージするから、こんなにものんびりとしているのが意外だった。

高架の真ん中にはこんなのが建ってたし💦

土偶?
土偶?

下館からの列車ふたたび小山駅に戻り、東北新幹線で東京へ。
東京を17時50分発ののぞみで広島に向かう。

広島まで安泰
広島まで安泰

もちろん、東京駅のホームでは黄色い線の内側でちゃーんと待ってたお陰で荷物スペース確保に成功。

ライバルはあちらへ♪
ライバルはあちらへ♪

通路向かいの旅行客は巨大なキャリーバッグを転がしてきましたね。

22時頃に広島駅に到着しますと、往路と同じく奥さんが新幹線口までクルマで迎えにきてくれてまして感謝感謝。理解ある家族には本当に沢山助けてもらってる。

4日間通してパンクやトラブルもなく、無事に新潟遠征ブルベを終えることができました。
AJ群馬スタッフさん、ブルベ途中でご一緒させて頂いたランドヌール・ランドヌーズさん、四川厨房ふうのご夫婦さん、お世話になりました。
またいつかどこかでお会いしましょう。その日が来ることを今から心待ちにしております。

新潟遠征ブルベ 2日目 編

前記事では、ガーミン水没→コースアウト→黒木華似美女のレスキュー→柏崎到着までがダイジェストでしたね。

さて、午前零時を過ぎてからのその後の様子に行きましょう。
柏崎市街地を通過したのがちょうど午前零時辺り。
具体的に言えば下の地図、赤矢印のところ…

イマココ
イマココ

予め予定していた24H営業のコインランドリーを探していたんだが…
気が付いたら通り過ぎてた💦
もう2、3キロは過ぎてちゃってる???

予定コインランドリー
予定コインランドリー

本当は上のMAPの赤いピンがあるところに24H営業のコインランドリー見つけてたから行きたかったのに、バカ正直にオンルートで走っちゃってるよ。情けない…

気が付いたんだがもう戻るのもシャクなので、まぁこの先なんとかなるわ…と変な所だけ楽天志向で、いつもこれが災いしているのに学習しないと言うね💦

0時ちょうど
通過チェック3のコンビニ、ファミリーマート柏崎鯨波店に到着してしまった…

通過チェック3-ファミリーマート柏崎鯨波店
通過チェック3-ファミリーマート柏崎鯨波店

ここまで340キロ。
おむすび2個とスニッカーズとミニ羊かん&ドリンク類を買った。

ここでは自分の他にもう1名のランドヌールがおられた。
寝ましたか?いいえ。どこで寝ます?とりあえず次の道の駅まで行きたいところ…。
自分と全く同じ考えだ。

とは言え、次の道の駅までは50キロほどある。2時間半と言うところか。
予定では次の道の駅到着は4時と算段していたので、まぁ順調と言えば順調なペースではある。
しかし恐らく、あと50キロを無仮眠で走り通すことは無理だろう。
極限的に眠い状況ではないが、そろそろ仮眠したいところだ。

地下歩道の入り口が鯨の形
地下歩道の入り口が鯨の形

コンビニの近くには、キューシートにも書かれてたグジラ型の地下道入口があった。
地下道ならこの中でも…と、下を覗き込んだが打ちっ放しのコンクリートはその想いを察するかのように冷たそうだった…やめとこう…

どうする自分。

午前零時の男
午前零時の男

まぁ、どっか何かあるだろう…
先達された方を追うように自分も出発しよう。

出発して間もなく。
反対側の路肩に素晴らしいお店(?)があった。

レストステーション米山
レストステーション米山

レストステーション米山との店名が付いているが、いわゆる自販機コーナーだ。しかも室内型&24時間営業!
これは寄るでしょ(*´▽`*)

店先のバイクに一応チェーンロックを掛けて店内へ…

素敵♡
素敵♡

誰もいない(当たり前)
丸テーブルが5つとイスがある
自販機の廃熱で室内は暖かい
これは店名の通り休んで行けとのご加護であろう。

スマホのタイマーを30分後にセットしてしばしウトウト…
アラーム音で目が覚めた。
しまった…1時間後にしとけば良かった。思いのほか熟睡できたので寝足りない感じだ。
自販機コーナーを出て、2階へと上がる階段を覗き込んでギョッとした

ルイ・アームストロング(だったと思う)の等身大人形がそこに立っていた。
げッ!

夜に見ると怖い…💦
後に確認したら2階はミュージシャン人形館と書いてあった。
お邪魔しました。早々に立ち去らせて頂きます。

海沿いの道を富山方向に下って行く。向かい風が強い。
しまった…夜の日本海側沿いは風が出るようだ…この時間に走るのは失策のようだ…もっとどこかで時間を潰しておくべきだったな…
とは言え、いま休憩に適した場所はない。

3時
比較的大きな市街地を通り抜ける

市街地を抜け出る
市街地を抜け出る

静まり返った直江津だった。
ふと右手を見ると大型のフェリーが停泊している。

佐渡行きフェリー
佐渡行きフェリー

佐渡行きと書いてある。
佐渡か…どんな所なんだろうか…いつか奥さん連れて訪れてみたいものだな…

更に1時間、強めの向かい風に体力を奪われつつ走る。
雨はやんでいる。気温もそこまで下がらず快適だ。

4時
通過チェック4・道の駅うみてらす名立に到着した。

ここ最近のお約束、道の駅の夜の駐車場は車中泊しているクルマが多数停まっている。
正面玄関から入った突き当り。ブリーフィングの時に口を酸っぱくして言ってたスタンプコーナーがある。

主催いわく『道の駅のスタンプを押してこいと言うと、どこをどう探したのか見たこともないスタンプを押してくるのが毎回2、3人はいるんですよ』だってw

赤い玄関から入って正面突き当りって言ってたな…あ、コレかぁ~…

道の駅 うみてらす名立
道の駅 うみてらす名立

あったあった。
さっさとスタンプ押して仮眠をとろう。

スタンプ捺印
スタンプ捺印

室内は机と長イスがあって、奥の方の長イスで先ほどのコンビニでお会いした方が横になっておられた。
あ、いい場所で寝てるな…

手前の方のイスで自分もちょっと横になったが、室内に設置されている自販機の飲み物を買いに来る人とかいて寝付けなかった。チッ…

仕方ないので別の方法でサッパリしよう。
AJ広島スタッフの福ちゃんが教えてくれた、ダイソーに売ってる水で戻すタイプのコンパクトタオル。こんなヤツね。

これも今回初投入の機材。
障がい者用トイレをしばし借用させて頂き、水でもどしてカラダを拭く。
コレはいいわ!サッパリする!!
長時間ライドで汗と脂と塩まみれのカラダをこのラムネ菓子ほどのものでサッパリできるなら言う事ないわ。いい。これは今後のブルベで常用装備にしよう。

4時40分
さっぱりしたら眠気も無くなったので出発の用意を…

うみてらす 外観
うみてらす 外観

もうすっかり夜は明けている。
ゴールまではあと220キロ。単純に言えば11時間。ってことは単純に言えば夕方4時にはゴールできる?
ま、そんなに早くはないだろうけれどいいペースそうだ。
この後、どのくらいの眠気が襲ってくるか次第だな…。

道の駅の前の浜で記念撮影を。

うみてらす前の海岸にて
うみてらす前の海岸にて

遠く洋上の空は青く明るい。今日はいい天気になってくれるかな。
この2日目の夜明けの時間と言うのは、もう終わったような気になる瞬間だ。
実際はまだまだあるのに、どーも気分的には終わっている。
そんなことないですか?→ランドンヌール・ランドヌーズ各位

さぁ、ぼちぼち出発しますか。

5時
再スタート。

鉛色の空ってヤツか…
鉛色の空ってヤツか…

真っ暗な闇の中を道の駅うみてらす名立まで走ってきた道を折り返している。
反対側の車線には、いまから道の駅に向かう参加者さんの姿をちらほら見かける。この方々の多くは柏崎のホテルで泊まった人たちなんだろうな。
ってことは、HPがかなり回復しているので、この先のペースは自分よりもはるかに上。早い時点で追いつかれ追い抜かされるんだろうな。

往路は闇の中で気が付かなかった景色が見えている。

湖の常連が海に…
湖の常連が海に…

スワンが打ち上げられていましたね。
もう水上で活躍することは無いのでしょうか…

6時
直江津の方まで戻ってきました。
ここでこの時間に開いているラーメン店を発見!

ラーメンショップ 福橋店
ラーメンショップ 福橋店

6時01分オープンとな!
いまオープンしたばかりじゃないか!
既にお客さん2、3名入ってるし。

ってか、
新潟の人は朝っぱらからラーメン喰うんか!?

すげーなおい。
なんて思いながらスルーしてしまったが直後に、しまった自分も今まさに

朝っぱらからラーメン喰えばいいじゃないか。
YOU喰っちゃいなよ!

って状況じゃないか。何でスルーしちゃったんだよ。アホかよ→自分
でももう戻る気もないので行きますか💦

市街地を抜けると、どこまでもまっすぐな道を延々と走らされる罰が与えられた。長い。左右は田んぼ。まばらな家。どこも続いて終わりがないかのような直線道。ほくほく街道と言うらしい。

7時40分
平野部から山間部に入ってきた。景色が変わる。家の形が変わる。

山間部での民家
山間部での民家

新潟の山あいでは上の画像のような建物を多数見ることができる。
居住するためのお宅は隣接して立派なのが建っているので、コレは納屋とか倉庫と言うことろかと思われる。
正面1階はシャッター。上に窓があると言うことは内部は2階構造?

何れにしても、自分には珍しい建物だ。あのキャラに似ている。

キン〇マン
キン〇マン

2階の窓のところに「肉」と書きたいw

この先いよいよ山岳地帯…
と言うところで通行止め。

通行止め地点到着
通行止め地点到着

これは地震影響ではなく、それ以前の道路改良工事によるもの。
迂回路が左方向に。
その先がとんでもない激坂だった…

この動画はGoProで撮ったので、ペース速めに見えるけれど、実際はガーミンが停止・再開を繰り返してピコピコ言ってるほどのゆっくり目なペース。

この動画見て気が付いたでしょ?
ガーミン先生、覚醒!(笑)
いつの間にやらピコピコ音も鳴るようになってた。
その後に遭ったランドヌールにそのことを話すと、僕のもピコピコ音鳴る時と鳴らない時があるですよ。って。マジすっか。
或いは別の方は、えー自分のガーミンは雨の中で充電ケーブルつないでもバリバリ生きてますけどー。って。どーなん、機種の差かね?
ガーミン歴1年生の自分、まだまだ今から経験を積む必要がありそうです。

さて、この迂回&激坂区間が2キロ続いたと言うね💦💦💦
でも、その区間を登りきったところからの景色が絶景だった。

星峠の棚田
星峠の棚田

星峠の棚田と言うらしい。
広島にも井仁の棚田ってのがあるがどちらもいい眺めだ。

8時半
ガッと昇ったので、ガッと下ったら雨が強くなってきた。
レインを着よう。

柔らかな雨がつづく…
柔らかな雨がつづく…

星峠を下ってきたらちょっとした町に出た。津南(つなん)と言うらしい。
ルート上に駅がある、津南駅。ここまで463キロ。時刻は9時40分だ。

この駅舎建物。
地方駅らしからぬ外観。

駅舎の中に温泉があるとな!
駅舎の中に温泉があるとな!

事前情報によれば、JR駅の駅舎建物の中に温泉があるとな!
マジすか!そりゃ入りたい浸りたい!!

しかし閑散とする駅周辺の雰囲気からして、アレなんだろう…。

やーな予感が…
やーな予感が…

シャッター閉まってるし。

そこまで待てない!
そこまで待てない!

営業は午後2時から…
残念(*_*;

4時間以上ココで待てない。仕方ないな…先に行こう。
ほどなく津南の市街地に入る。時刻は10時。
飲食店が営業を始めるには、あと1時間は掛かる。

蕎麦屋フライング
蕎麦屋フライング

蕎麦屋もまだ開いてない。残念…。

10時すぎ
通過チェック5であるセブンイレブン津南町正面店に到着。465キロ地点。

セブンイレブン 津南町正面店
セブンイレブン 津南町正面店

何にしても時間が微妙に早くてどこも営業してないと言う残念さ。
しかも後で気が付いたんだが、ちょっとルートを外れたところに自分としては必訪ポイントがあることに気が付いた。

残念過ぎるだろう→自分。
思い返しても、ここ津南ではあれこれ残念なことが多かった。もう少し下調べをしっかりしておけばと悔やまれる。

しかし走行時点ではそんなこととはつゆ知らず。
津南のセブンで弁当食べてゆっくりしてた。

久しぶりに他の参加者さん数名とお会いする。
会話の中で、空港辺りでツールバッグを拾った旨をお話しすると、あぁ、それは新潟の〇〇さんが落としたって言ってた。ダウンチューブの下にくくり付けていたのがどっかで落ちて無くしたって言ってたと。

おぉ!持ち主さんご存じですか。だったら、コレお渡ししてもらっても良いですか?

え゛…
ゴール地点で渡してもらってもいいですか?
(;´Д`)

ですよねー
そだよねー
誰だって荷物増やしたくないよねー
俺もなんだよねー(;^ω^)

まぁ仕方ない。この先も持って行こう。

弁当食べて会話してたら眠くなってきた。
店舗裏手は人目につかない感じだったので、ちょっと休憩させて頂こう。
スマホのアラームを1時間にセットし、しゃがみ込む。

あっという間に意識不明に

1時間後…
あー、よく寝た。スッキリ!

これならゴールまではもう仮眠は不要かな。
あと142キロ。
20時頃にはゴールできるかな…さぁ行きますか!

スタート直後、いい眺めの場所があったので立ち止まる。

信濃川 上流にて
信濃川 上流にて

上の画像が左手、下の画像が右手。

信濃川 上流にて
信濃川 上流にて

信濃川が大きく蛇行してて、向こう岸には水田が広がる。
そうか。
水量が豊富でお米どころ。そうなれば酒処よね。
自分はあまり酒に強くないので日本酒はほとんど呑むことがなくて疎いんだが、新潟が酒処と言う理由が良くわかるね。

峠をひとつ越える。峠の名前は十二峠。
今回の600キロルートの中で最も標高の高い峠だ。と言っても標高は500メートルほど。

その峠を越えると再び広い広い平野部走行が続き、その後もキン〇マン的な建物にはしばしば遭遇した。

現れたな!
現れたな!

そう言えば、内陸部のあちこちで見かけたのが除雪車だったな。
行政がおこなうような本格的なものから、各家庭が持っているエンジン付きで押し歩くタイプの除雪機まで。1階はガレージのようになってて2階に玄関があり真っすぐに階段で降りるようなご家庭も少なくなかった。

どれだけ積もるんだろう…
ゴール後に聞いてみたら内陸部では4メートル、場所によっては6メートルもの積雪があるとな!

すげー!!4メートルも雪が積もるんよ。
瀬戸内沿岸で積もるとすれば年に1回か2回程度。多く積もっても5センチほど。
その5センチでも積もった朝には、スリップする車輌が続出し道路が大渋滞する。
これほどまでに違うもんなんだね。日本は広い!

そしてこの辺りの地名は魚沼。米どころですよね。
魚沼と言えば魚沼産コシヒカリがこちらでも有名です。

広い平野部を走り抜けた先にPC2のセブンイレブン南魚沼早川店があった。
13時半。ここまで496キロだ。

セブンイレブン 南魚沼早川店
セブンイレブン 南魚沼早川店

ここまでセブンイレブンを何ヵ所か見てきて気付いたことがある。
中国地方のセブンにあって、こちらのセブンにないものがある。

わかる?

店の前の駐車スペースと店舗建物の間にある、クルマが店舗に突っ込むのを防止する鉄製のアーチ。バリカーと言うらしいあれ。

バリカー
バリカー

そうそう、いつも見慣れたこの鉄のアーチが新潟では見ない。
こちらのクルマはアクセル・ブレーキを踏み間違えて店舗に突っ込むって事例が少ないんだろうか。

そう言えば新潟を走ってて感じたのは、こちらのドライバーは運転が優しいとっても優しい。
交差点でこちらが直進してて対向車が右折してくるようなシーン。いつもなら自動車の方が先に曲がって走り去るが、停まってくれて自転車を先に行かせてくれる。

また、直線道を走ってて後方から来た自動車が追い抜く際、とっても大きく自転車との距離をとって抜いてくれて、抜き去った後に左に寄る際に左ウィンカーを出す!これは中国地方ではまず目にすることが無い光景だ。

新潟のドライバーはとっても優しい。
そういえば、島根のドライバーも優しい方が多いイメージだ。

寒い地域。冬が長い地域の方々は辛抱強いんじゃないだろうか(個人の感想です)。
いいわ新潟。

さて、ここのコンビニではカップ麺でも喰っときますかね。

ラーメン食す
ラーメン食す

ここまでレインウェアを着てきたがもう降らないだろう。
あと100キロ。6時間。20時ゴール予定か。

再スタートし大きな川を渡る。魚野川と言うようだ。

川 その豊富な水量
川 その豊富な水量

川幅もだが、水の量と勢いがハンパナイ。

そして、スタートして以降ずーっと気になってたことがある。

道 その耐えがたき苦悩が偲ばれる
道 その耐えがたき苦悩が偲ばれる

道路のアスファルトの痛み具合が激しいようだ。上の画像はあんまりひどくない所だが、もっと荒れてる所も多かった。
ゴール後にスタッフさんにその話をすると、やはり冬季の除雪作業による傷みと大型車のスタッドレスタイヤの影響だと言われてた。
ってことは、雪がよく降る地方の道ってのはどこもこんな感じなのか…そう言えば、数年前に旅行で行った北海道の道は確かにもっと荒れてたな。

確かこの辺りだったと思うんだけど、ルート脇に足湯があった。

何人かの人が入ってた。
淡路のあの辛酸(足湯終了時刻の5分前に到着したのに入れてもらえなかった件w)があるので、ここはリベンジしたかったが、家族連れで賑わってるところにこの汚れ腐った外観の自転車乗りオヤジが入り込む余地は無かった…

そんなことを考えながら走ってたら、正気に戻ったガーミン先生が「あの坂を登れ」と指示を出してきた。

終盤でも登れよ!と…
終盤でも登れよ!と…

えー、この期に及んでまだエゲツなさ系の坂が用意されてンですかぁ~…
登りゃいいんでしょ登りゃ…

登った先はスキー場のようだった。そのスキー場の前に古い列車がいた。多分展示だろうと思う。

レトロ列車?
レトロ列車?

そしてスキー場と言うこともあり、このような標識が…

雪 その量たるや想像に難し
雪 その量たるや想像に難し

クルマがひとたまりもないですね💦
この標識そのものも傷んでるのも、なだれによるものでしょうか。だったらリアリティあり過ぎ💦💦

そんな道を抜けて、いよいよ終盤。
19時の画像↓

山は遠きに眺むる
山は遠きに眺むる

まだ明るい感じ。そう言えばこの日(6月22日)は夏至とのことだった。
1年で最も昼間の時間が長いなんてブルベに最適な日じゃないですか。

その後、陽も暮れてふたたび夜になり20時頃にスタート地点に戻ってきました。

ゴール
ゴール

上の画像はライトでとても明るく照らされているように見えますが、実際はもっと薄ら明るい感じですw

天井からぶら下がっているのは、鮭の干物のぬいぐるみと言うかレプリカと言うか…(笑)
そう言えば、途中のどっかで店頭に鮭一尾の干物が吊るされてるところがあったな。

鮭の干物といえば鮭とば。鮭とばって北海道のイメージなんだが、新潟でも鮭とばって言うんだろうか。

リザルト上、自分の走行時間は36時間40分。
エントリー 50
DNS 16
DNF 7
完走  27

だって。

AJ群馬スタッフさんお世話になりました。
また広島に来てくださいね(*´▽`*)

ゴール後の皆さんとの会話もほどほどに、逃げるように宿泊先に戻る。
新潟市アグリパークの管理人さんには11時頃には戻って来ますと告げてたので9時頃に戻ってきたので、意外早かったですね~って驚かれた。

鍵を受け取り、部屋に入り、先ずは風呂。
やぁ~風呂って最高よね。

サッパリしたらお腹が空いてきた。
再び自転車に乗ってコンビニGo!!

喰って飲んでご満悦。
ログによれば、この2日間で消費したカロリーは14,000Kcalを超えるので、どんだけ喰ってもリカバリー領域だろw

さて、明日は広島に帰る日だ。
帰りの新幹線も予約している。早い便だ。
明日も4時起きだなw

さて、遠征最終日の様子がこの次の記事です。

新潟遠征ブルベ PC1~24時 編

前記事からのつづき。

PC1には30分ほどいたかな。
到着した参加者さんとの会話を楽しむ数少ない機会。あれやこれやお話しさせて頂きましたし、撮影&コース巡回されている主催ともお話しさせて頂きました。楽しいひと時。これもブルベの楽しみの一つであったりしますね。

-CM明けに前のシーンを繰り返しオンエアするスタイルを引用してみましたw-

150キロ地点のココのPCは、先日の地震の震源に最も近いコンビニらしいんだけど、その影響なんて全く感じさせないセブンイレブンでした。
地震が起きていなければ、この先はこのまま海沿い道をひたすら下って行くのですが、地震影響で一部通行不可な部分があるとのことなので内陸部に迂回します。

海沿い道アカーン…
海沿い道アカーン…

そのことを伝える電光掲示板なのかと思い撮影しましたが、これは高速道の表示でしたね💦

そうそう、新潟で多く見かけたものがこちらでした。

スノーシェッド
スノーシェッド

スノーシェッドと言うらしいです、山側から崩落してくる雪を逃がしてくれるトンネル。これは結構みましたね。

15時頃
蒲萄(ぶどう)と言うちょっと字は違うけれど、グレープの雰囲気漂う町に来ました。

蒲萄
蒲萄

空は怪しく曇り、いよいよ雨来るなぁ~…って感じ。
そして案の定…

雨、来ました
雨、来ました

一気に来ました!
雨足は相当に強いです。が、
短時間で上がるであろうことを予測(期待)してレインウェアは敢えて着ず。寒くなかったのが着なかった最大の理由だし、レインを着たり脱いだりする時間も度重なればバカにならないので、ひたすら雨に打たれる。

雨脚も強めで乙なモンです
雨脚も強めで乙なモンです

でも嫌いじゃないです雨ライド。
 →冷えなければの話ですが…

雨の新潟、コレはコレで良い景色
雨の新潟、コレはコレで良い景色

唯一気になるのはガーミンがこの雨に耐えうるか否かだ。
ガーミン水没でお亡くなりになった…と言う話は何度か聞いたことがあるし…

いわゆる強雨
いわゆる強雨

そんなこともあろうかとガーミンの雨対策を打っていた。
Specialized VitalPack。いわゆるトップチューブバッグだ。

Specialized-VITAL PACK
Specialized-VITAL PACK

上部が透明ビニールになってて、本来ならiPhoneを入れればジャストなサイズになっている。この内部にガーミン入れれば、画面見えるし降雨時も充電できるんでイイんじゃね?って考えて今回初投入させた。

が…

欠点があった。
画面が見えない。

雨で濡れたアイウェア越しに見るVitalPackの中のガーミンの画面はほぼ見ることができず。これではルートを確認することができない💦
あえなく却下。

そうこうするうちに雨は上がった。降ってた時間は1時間ほどか。

河口
河口

夜でなくて良かった。夜ならもっと冷えてたかも知れないから。
 →どんだけ寒さを恐れているんだと。あの雪の油木峠のトラウマは今でも残ってます。

16時すぎ…

再び海沿いへ
再び海沿いへ

雨も上がり順調に海沿い道を走る。夜の訪れはもう少し先のようだ。
新潟から見る海と言えば沖にある島、佐渡島が見えるかと期待して見たものの島らしき姿は見えず。

島の代わりに見えたのがこちら…

海底油田?
海底油田?

コレってあれじゃね?海底の油田から採掘するプラットフォーム。
無知だった。海底油田が新潟沖にあるとは全く知らなかった。

雨上がりの道をひたすらまっすぐに走る。道が単調なのでとっても長い距離をかなりの時間を掛けて走っている気分になる。前にも後ろにも誰もいない。

ずーっと海沿い道
ずーっと海沿い道

海側に松が生い茂る場所があった。

防風林か?
防風林か?

防風林と思われる。
松は風に負けて内陸側に向けて少し傾いている。
冬はここも風スゴイんだろうな…

16時半
その風を生かそうと風力発電があった。

日本海側でのお約束
日本海側でのお約束

コレは島根でも良く見かけるね。もはや日本海側の定番か…
そしてその先に、驚くべきものがあった!

親鸞聖人の温泉?
親鸞聖人の温泉?

親鸞聖人の温泉!?!?!?!
マジで?宗教と温泉のコラボレーションか!?

何か怪しいなぁ~…って思って帰宅後の検索してみるとこんなサイトが…
淡路の巨大な観音像を思い出す。巨大系オブジェの定めなのか…

17時…
何度目かの河口を渡る。凪の水面がキレイだ。
日本海の荒波ってイメージは何処へ…

凪の河口
凪の河口

なんて景色を見ながらずーっと直進して来たが、先ほど来気になることがある。あれほど騒がしかったガーミン先生がえらく静まり返っている。
信号停止したり再スタートしても全くピポピポ鳴らない。

液晶画面には地図が表示されているが、どうも先ほどから地図画像が全く進んでいない=フリーズしているように見える。

コースアウトした時のあの音が鳴らないのをいいことに、のん気にずーっと直進してきたが、流石におかしいと思って停まってスマホで位置確認してみると、ホラやっぱり左折ポイントを過ぎちゃってるじゃないか💦

仕方ないな…お陀仏かよ。せっかく頂いたガーミンEdge800Jなのにものの数回しか活躍させてやれなかったよ、ゴメンな…

まぁ内部への浸水と思われるので、敢えてキャップ類を開けた状態にしてしばらく走ってみて風乾燥させて様子をみよう。

あ、ちょうといいところにコンビニがあるな立ち寄って休憩して気を取り直してみるのもいいかもな。

ちょっぴりコースアウトる
ちょっぴりコースアウトる

ここに来るまでに本当は夕食ポイントを設定していたが、コース変更でお目当てのお店に寄ることができなかった。
そのお店とは、かもめ弁当 大月店
GoogleMapで見つけてメニュー濃いので行ってみたかったが惜しい。またの機会にw

から揚げ弁当は食べられなかったのでパンで我慢だ。
メロンパン好きなんよ~♪

仕方ないのでメロンパン
仕方ないのでメロンパン

パン食べながらスマホいじってると、若い女性から声を掛けられた。
ブルベ途中のコンビニで声を掛けてくるのは「今日はどのくらい走るの?え、600キロ!!すごいねー。この自転車って幾らすんの?」って言ってくるジジィが定番だが今日は違う!

黒木 華に似た美人さんだ。
新潟美人と聞いたことはあるが確かに新潟に入って以降、女性の美人レベルは高いぞ!

華:あのー…ロードバイク乗られてんですよね?
こなき:え、えぇ。

華:メンテとかできたりしますか?
こ:えぇ。色々弄ってますよ。

華:チェーンが落ちちゃって外れないんで、みて貰えますか?ショップが〇〇にあって、〇〇まで行くの遠いから… (〇〇には自分の知らない地名が入る)
こ:いいですよ。見てみないと分かんないし、今は簡単な道具しか持ってないけれど。

華:ホントですかぁ~、ありがとうございます(*´▽`*)
  って言いながら、クルマの後ろからロードバイクを出してきた。

車載バイク
車載バイク

出てきたのはPinarelloのカーボンバイクだった。
見ると、確かにフロントチェーンリングのところ、インナーの内側奥深くにチェーンがはまっている。

ツールバッグからペンチを出してくる自分。このペンチ、登場は歴代2回目です。その2回ともが自分ではなく他の方のレスキューと言うね。

落ちてハマってるチェーンをペンチで引っ張ってみるがビクとも動かない。これは相当にチカラ入れて踏んでて落ちたのかと思いきや

華:メンテでチェーン洗ってて落ちたんです💦

まじかーぁい!w

踏んでないのにこんだけ奥までハマり込むってどーよ。
見るとフレームのBBンとこが傷だらけになっている。恐らくはマイナスドライバーで無理にコジったりしたんじゃないだろうか…

こ:…。ん~ビクとも動かないですねぇ~…
華:ミッシングリンクを外すことができればいいと思うんですが、リンクがどこだか分からないんですよ…

こ:ミッシング入れてんだ。じゃ見れば分かるよね…(どこだぁ~…)
華:ミッシングリンクはピンが黒いから分かりますよね(はーと

こ:(いや、どこにも無いんだが…💦)
華:あ、ここだ、コレですね♪

こ:テンションプーリーとガイドプーリーの間かぁ~い!!!こりゃリンク外せませんよ💦💦💦
華:ですよねぇ~…

こ:ショップに持って行けば、どうやってチェーンを外すかは分かるんです。ココとココのネジを緩めるとクランクが左右に外れるんで、噛み込んでるチェーンを外すことができるんですね。
華:ココってそーやって外れるんだ!

こ:ただ今はその道具を持ち合わせてないので、今の自分にはちょっと無理ですわ。
華:ですかぁ~…お手数をお掛けしました。〇〇のショップまで持って行きます。

こ:ですね。ショップでちゃんとみてもらってください。ちなみに自分ですが、今はブルベの途中なんです。ブルベって分かります?
華:えぇ。わかりますよ。

こ:ですか!今日は新潟県内を周回する600キロブルベで今朝から走っててここまで200キロほど走ってきたところなんです。自分、このために広島から新幹線でやって来てます。
華:そーなんですか!何かスゴイところで声を掛けちゃいましたね(ウフ

華:お忙しい時にお引止めしちゃってすみませんでした。
こ:いえいえ。お安いご用で。

そんな感じのやりとりを経て、彼女はクルマをロケットスタートさせて走り去って行った…アデュー…また逢う日まで…これを機に彼女がブルベに興味を抱いて頂けたなら最高なんだけどな…。

こんな経験もレアです。これはこれで面白かった。
さぁ、行き過ぎた道をちょっとだけ戻ってオンルートに乗りましょう。
オンルートは海沿いを離れてちょっとだけ内陸部を走る感じ。

ここでもまた左右に広がる田園。

生きていくんだ それでいいんだ
ビルに飲み込まれ 街にはじかれて
それでも その手を 離さないで…♪

ま、そんなとこです(どんなとこ!?

田園
田園

田園を突っ切る道。脇にそそり立つ鉄塔。

ふとアスファルト上を見ると、迷彩色の何かのバッグのようなモノが落ちていた。大きさは500mlのペットボトルくらいだ。
これは識者ならピーンッとくるよね。

ツールバッグだ!

停まって手に取ってみる。
表面はネチャっと脂ぎってるw
ちょっと開けて見てみる。あーやっぱツールバッグだわ。誰か落としたな。

仕方ないなー。拾って走るか。
とは言えコレを持って走ることもできないし、入れるスペースもない。
仕方ないので大型サドルバッグの上部にあるバンジーコードで縛って行こう。

田んぼの真ん中で右折。引き続き快走。
恐らくはこの辺りだったのではないかと思うけど、スタッフがステルス撮影してくれてた。

夕暮れ時(Photo by Staff)
夕暮れ時(Photo by Staff)

全く気が付かなかったな…
多分にですねぇ~不調のガーミンに気を揉んでた頃だと思うんです。

カバーを開けたまま走ってきたので、そろそろ電源を入れてみようかと。
で、PowerONしたら起動はしたものの、やはりピコピコ音が全く聞こえてこない。表示されてるMAPそのものも現在地を示しているのかどうか怪しい…

しばらく走って見ていると、どうやらMAPは現在地を示してくれているように見える。ちょっとは復調したかな…?
そんなことを考えながら走ってた頃だと思います。

間もなく工業地帯にきました。巨大な煙突群が迎えてくれました。

工業地帯
工業地帯

意識朦朧としながらも何とか動いてくれてるガーミン先生。それでは頼りなさ過ぎるのでキューシートを片手にオンルート走行してます。

空港近くまできました。
新潟の市街地にかなり近づいてきているハズです。

ここでのキューシートの指示を理解するのにちょっと悩んだ。どこに行けばいいんだ。滑走路の下を通り抜ける道はどうやら自動車専用のようだし…どこ?どっち???

あ、ココか!

ち、地下道?
ち、地下道?

この地下道に入れと!
押し歩きでスロープを下れと!!
すげールートを提案して来たなw

スロープを下った先は地下歩道トンネル。

クソ長げぇ!
クソ長げぇ!

やたらと長い💦
関門トンネルとは違い、こちらは自転車乗って走行しても放送で怒られないのがせめてもの救いw

空港を抜け、市街地からも外れて行ったんです。
ここら辺りでDNFブッコいたら、宿泊施設の新潟市アグリパークはスグそこ。
甘美な誘いが脳裏をよぎります。
えぇ、そのために連泊で3泊4日の宿をとりましたから。

でも幸いなことに今は危機的な状況ではない。まだまだ行けますよ。
もちろんオンルート走行!!!

陽が沈む…
陽が沈む…

新潟沖の日本海に陽が沈んで行きます。この辺りの海岸線、ちょっと砂丘っぽい。鳥取かよ!

そして風に飛ばされたのであろうサラッサラの砂が路肩で23Cのタイヤを何とかして誘き寄せようとしているのが感じとられた。

鳥取かよ!
鳥取かよ!

危ないですねぇ~…あんまり左に寄るとハンドル取られてコケちゃいますよ。

そんな折にフッと気が付いた!

ガーミン氏突然死
ガーミン氏突然死

死んどるやんけ!!
おい!ガーミン先生!
どうしたんだ。バッテリー切れか!?

バッテリー切れそうになったら、そろそろバッテリー切れちゃいますってアラーム鳴ってメッセージ出すじゃないか。
なのに突然死とはどーゆーことだい…

停まってモバイルバッテリー繋いでみる。起動させてみた。
起動はする。しかしMAPが動いてるかどうか、やっぱりどーにも怪しい。
ちょっと信じられないな…キューシート走行だ。

20時すぎ
あ、ラウンドアバウトだ!

ラウンドアバウト
ラウンドアバウト

新潟にもあるんだね。
自分が知ってるのは岡山に1つあるのを知ってる。広島にはまだ無いな。
で、ガーミンがうんともすんとも鳴らないのでコースアウトw
海沿いを離れて内陸部に向かうところだった💦
後でルート確認してみたら、里山ビジターセンターに向かうことろだったよwww

早々に気が付いてオンルート復帰。
陽はとっくに暮れてて真っ暗な夜が訪れました。
海を見ると日本海お約束のイカ釣り船の灯りがちらほらと見えます。

イカ釣り船
イカ釣り船

この灯りは島根の方が多いな…時期的なもんかも知れんけど…。
ちょっと肌寒くなってきた。ウィンドシェルを着ようか…どっか明るいところで停まりたたい。あ、ここならいいかな…。

日本海夕日ステーション
日本海夕日ステーション

ここにも大きな観音様的なのがある…
停まってウィンドシェルを着てスマホで現在地確認。うん。間違ってないな。
ここには自販機が無い。もう少し先に行くか…

21時すぎ
ようやく自販機群発見。濃いヤツ飲もう。

補ネクター
補ネクター

ネクター飲んでちょっと行くとファミリーマートがあった。寺泊上田店と言うらしい。PC外コンビニだが寄っとこ寄っとこう。

お腹が空いたので、ブルベ定番のコンビニカレーを喰っとこう。あと豆大福だ。
バイトのおネイサンが、今日は何事ですか?と聞いてきた。
えぇ、アレな自転車乗りが県内600キロを走ってるんです。

あぁ…
それで皆さん死んだような顔で入って来られて、甘いものを買って行かれるんですね…

あ、自分も甘いもの買ったかな?
他にも死んだ顔数名来ましたか。雨じゃないだけまだマシですよ。

店舗建物の横にしゃがみ込んでしばし休憩。
海沿い道、長いよ。果てしない気すらしてくる。
こちらが停まっている間、前の道を走り抜けていくランドヌール1名…寄らないんだ。すげーな。ここまでコンビニ無かっただろうに…。

後で見たら、ココには15分ほどしか居なかったようだ。
さ、行きましょうかね…

真っ暗い海沿い道を淡々と走っていたと記憶してる。
それでも2時間ほど走り、日付が変わろうであろう時刻。
市街地を通り抜ける。

ここまでで半分の300キロほどだ。コースアウトを何度かしているので5、6キロは皆さんよりも沢山に新潟ライドを楽しませてもらってる。すまんのw

何だろう…
何だろう…

上の画像が何を撮ったのかと言えば、市街地の様子を撮りたかっただけ。
ここは柏崎市だ。

柏崎。そう柏崎。
事前に仮眠ポイントとして設定しておいた町だ。
PC1でランドヌーズと会話した時、彼女は柏崎にビジホ予約していると言ってたな。もし自分が同じようにここで宿を予約しておいたとしたら24時チェックインになっていたであろう。ムリー!

今回は宿泊予約はしていない。行き当たりばったりの600だ。
ただこの柏崎で24時間営業のコインランドリーに目星を付けていたので、何か洗いがてら休憩するかと思っていた。

いたが…いたのに… つづく

新潟遠征ブルベ スタート~PC1編

自分史上最大の遠征、新潟600BRMの記事。いよいよ当日スタートです。

新潟市アグリパークのお部屋で前夜にセットしたスマホのアラームは午前4時。しかしアラーム鳴動の20分前に目覚めるあたりどんだけ遠足当日の小学生なのかと。決して老化のはじまりではないぞw

起床して荷物をまとめつつコンビニ調達済の朝食をとる。
ブルベで使わない荷物は宿泊先に置いたままにしておこう。雨の夜の冷え込みを想定して一応レッグウォーマーも持って来てみたが不要だろう。

宿泊棟の他の方々に迷惑にならないよう、そっと外へ出る。

新潟の朝は早い
新潟の朝は早い

雨は降ってない。もうそれだけでテンション↑↑↑だ。
気温もちょうどいい感じ。
部屋の鍵を管理人さんに手渡して、さぁ!スタート地点である里山ビジターセンターへと向かいますか。

薄曇りの空の下まっすぐに延びる道
薄曇りの空の下まっすぐに延びる道

路面が濡れているあたり、夜の間は降ったんだろう。
Googleセンセに道案内されてビジターセンターを目指す。

途中、葡萄畑があった。

葡萄
葡萄

おぉ~!
葡萄畑って瀬戸内沿岸ではなかなかお目にかかれないので嬉しい。キレイだね。

そして本日最初の珍しいモノin新潟!

うでこき?
うでこき?

うでこきと言う地名でしょうか。
Webで検索してみると『腕力や技量がすぐれていること。また、その人。うできき。うでっこき。「腕扱きの飾り職」』なるほど。昔、腕のいい職人さんがこの地に住んでいたんでしょう。

ちょっと行くとひなびた商店街があった。

東芝ストア
東芝ストア

ザ・昭和。高度成長期。
東芝ストアーだって。何か懐かしい感じ。
ナショナル坊やを思い出すよ。

そして先ほど来、道の真ん中に気になるものがある。

消雪パイプ
消雪パイプ

さすが雪国。
路面の雪を消すための水が出るヤツですね。広島でも県北にはごく一部にありますが、こんなにもあちこち、小さな路地から大通りまでコレがあるんだな。きっと積雪スゴいんだろうな。

Googleセンセに案内されつつ、ちょっとした峠を登らされる。
峠を過ぎたところで予習した景色が見えてきた。
あ、近いな。

スタート地点の直近に到着したと思われる。
ここに来ると、ある匂いがした。

その匂いとは石油と言うか、重油の匂いと言うかの油臭いにおいだ。
そか、小学校時代の社会科で習った記憶がある。
新潟では産油していると。それがココだ。

油田跡
油田跡

言うなれば、何でもない道沿いにいきなりコレがある。
そしてこれはオブジェではなくホンモノ。かつて、この機械がコチョコチョ動いて産油していたんだ!スゲー!!

説明文
説明文

1996年まで実際に稼働してたんだ!
ブルベ前にちょっと感動を得ることができた。新潟スゲーよ!

さて、この採掘現場からスグ近くにスタート地点がある。
公園っぽいところに入って行った先に、Twitterで良く見ているアノ建物があった!

古代館
古代館

そう、里山ビジターセンター古代館。
外観が恐竜の形をしている。が、新潟と恐竜との繋がりがどこにあるのかは知らない。
しかし残念なことにこの古代館、現在は廃墟のようであった。

かつて古代館訪問者用であったであろう駐車場、今日はランドヌール・ランドヌーズ達が集っている。

集う参加者
集う参加者

聞けば東京から3時間でここまで来れるとな。意外と近いんだな…。

古代館下の謎スペースでは到着した順に受付が行われていました。
バイクをテキトーな所に立て掛けて、自分も受付を行いましょう。

古代館の下にて受付
古代館の下にて受付

建物下の謎スペースには、AJ広島動画で新潟開催ブルベに来て下さいと宣伝していた彼がスタッフやっていた。
ども、ご無沙汰しております。遂に来ましたよ、新潟。
あ、これ手土産で持ってきました広島のお土産です。
広島の土産と言えばド定番のあれ、もみじ饅頭!

用意してきた権利放棄書ももちろん提出しブルベカードを受け取る。
しまった…ブルベカードを撮影し忘れている。
実は今回、何をトチ狂ってるのか大事なシーンでの撮影を忘れてるのが多い。そのことは帰宅してから判明した次第…残念…

そのブルベカード、各PC欄の通過時刻が赤ペンで全て書き直しされている。
直前で行ったルート変更に伴う時間変更を反映させてるのは分かるけれど、それを全部手書きで書き換えちゃったんですね!ご苦労さまです💦

その後、順次到着される参加者さん達ともお喋り。この時間が楽しいよね。
どこそこのブルベがキツいだの、あの時のBRMは地獄だっただの…話題は尽きません。もちろん、自分が広島から遠征してきている旨も告げ、是非ともAJ広島のブルベに来てください。しまなみ海道、一度は走っとかないとと宣伝に余念がない。

6時半
ブリーフィングが始まりました。

ブリーフィング中
ブリーフィング中

いつも広島でエラそうに喋ってる自分ですが、1月に近畿GTOさんのブリーフィングを聞いて、今日が2度目の他団体開催のブリーフィングを拝聴します。

ま、どこも似たようなことを喋ってますね(^^♪

そりゃそうだ。やってることは一緒なんだから。
地震影響による急きょのルート変更点などを丁寧に説明を受ける。

そんな話を聞きながら、ふと目を落とすと…

あ、これは…
あ、これは…

新生姜?
何か聞いたことあるぞ…岩下の新生姜ジャージ。確かキャラが描かれているんじゃなかったっけ?

あ、コレか…

「岩下の新生姜」サイクルジャージ【岩下の新生姜ちゃんVer.】(イラストレーション:一葵さやか)
「岩下の新生姜」サイクルジャージ【岩下の新生姜ちゃんVer.】(イラストレーション:一葵さやか)

わぁ~…ちょっと…いやかなり痛い(←褒め言葉w
これ自分は着れんわ💦

着てたご本人とも会話させて頂いたんだが意味があるらしく、常に(ry

ま、そんなこんなTwitterつながりだけだった方々とも面識を持つことができる楽しくも貴重なひと時でした。あ、ブリーフィングでしたね。そ、ブリーフィングっと…💦

改めまして今回のルートを確認しておきます。

新潟周回600
新潟周回600

上の図、左が今回のルートです。
スタート地点から内陸部を秋田方面に上がって、海沿いに下り、再び内陸部を経てゴールする反時計回りルート。
右は大きさ比較のために、昨年のAroundHiroshima600と並べてみました。新潟は縦に長いですな。

そして直前の地震による一部ルート変更がどの部分だったかを切り出して比較してみたのがこちら。

ルート変更前後
ルート変更前後

新潟県の上の方、村上市の海岸線で一部通行困難な場所が発生しているとのことなので、沿岸部を通らず内陸部を往復させていると言うことですね。
眼鏡岩を見てみたかったがこればかりは仕方ない。

さて、7時になりました(多分)。
並んで車検を受け、終わり順次の出走となります。
自分も車検を受け、さぁ行きましょうか!って時点になってのパラパラ降雨開始と言うね💦

スタート直後
スタート直後

さぁ!新潟の地での600キロブルベがいよいよ始まりました。
ふたたびこの場所に帰ってくるのは明日の夜遅く。雨はどうだろう。風向きはどうだろう。暑いかな寒いかな。パンクはあるかな。登坂はあまりキツくなかったら嬉しいな。事前にGoogleで調べたポイントに行けるだろうか。
素晴らしい景色に沢山出会えたら嬉しいな。他の出走者さんとの楽しい会話も心待ち。何度ブルベを経験しても、このスタート直後のドキドキ感はたまらんね。

特に今回は遠征なんでいつもよりたくさん準備に時間とおカネが掛かったからね。その分、嬉しみもひとしおです。

強いのか?
強いのか?

スタート直後の広い平野部で風速計がありました。中国地方ではなかなかお目にかかれない内陸部での風速計です。ココも地吹雪あるのでしょう…

前にも後にも参加者さんが走っておられる…
はずだったがちょっとドリンク休憩している間に単独走になってしまった。
ま、いつものことです。時間は長いんだから、焦らずぼちぼち行きましょう。

走っていると、何やらどっかで見たような地名のところに来ました。

阿賀!?
阿賀!?

阿賀です、アガーモンさん!
まさか新潟で阿賀に来るとは思ってもみませんでした。

えぇ、私の家の近所にも阿賀って地名があるんですよ。
何だか急に(ムダに)テンションが上がってきました!
その様子がこちら…w

まだ笑顔がある
まだ笑顔がある

えぇ、新潟でもWinebar500の布教活動ですw
Winebar500は広島駅前にある、地元の自転車乗りたちが集うワインバー。
来広の際には是非とも足をお運びください。

こなきさんのブログを見て来ました!

と合言葉を告げれば何かいいことがあるかも知れません。知らんけどな。

さて新潟の走行ですが、
景色は目の前に水田が広がり、遠くに山々を望む。とってもいい景色です。
しかし見方によっては、中四国や九州で見てきたような景色でもあるようにすら見えます。あ、この景色はあの時走ったあそこの町の通りに似ているな…
そう感じる街並みがあったり、風景があったります。
同じ日本ですからね、そんなに大きくは違ってはなくて当たりまえなんですよね。

電車が停まってましたw

かつて客車?
かつて客車?

公園?かつてココに駅があったのかな?

明日は営業してる?
明日は営業してる?

今日はお休みのようです。土曜日だから。
明日は営業されてることでしょう。

28キロ地点のクイズポイントも画像無くて…💦

天気はくもりで何とか持ちこたえてくれてます。

エェ感じの曇り空
エェ感じの曇り空

暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい感じの気温。
風もなく順調に走行…

11時前…
予習してたお店に到着!

ハム屋さん閉まってたorz
ハム屋さん閉まってたorz

女川ハム工房。
店頭で揚げたてコロッケでも食せるかと訪れてみたものの…

お店は閉まってた( TT)

残念!
気を取り直して走りだす。

村上市に到達
村上市に到達

村上市に入ります。
今回の地震で最も震源地に近いのが村上市で、一部家屋が被害を受けているとアグリパークの方も言ってた。

この辺りで少し雨に降られる→短時間だけ降って止む→お昼に近づいて気温が上がってくる→湿度MAX!! 蒸し暑いじゃないか(# ゚Д゚)

11時半
ちょうど100キロ地点。PC外のコンビニがあったので立ち寄る。
ハム屋さんが閉まってたので、ここまで缶コーヒー1本と持って来てたあたり前田のWAY TO GO ハイプロテインクッキーを2枚食しただけだ。

セブンイレブン村上インター店
セブンイレブン村上インター店

他の参加者さんも何人か立ち寄っておられた。少し会話しつつ休憩しとくか。

オサーンお疲れ?
オサーンお疲れ?

不機嫌そうだな→自分。ってか、自撮りの腕を上げような。

PCでもないコンビニなのでさっさと次、行きましょう。
ちょっと行った辺りでこんなのがありました。

防風柵
防風柵

後で調べたところ防風柵と言うらしい、風よけの壁のようなものですかね。
やっぱり風が強い地域なんですね。

正午頃
スタートして5時間、115キロ地点。

直進続けると山形県入り
直進続けると山形県入り

早稲田と言う名の交差点。坂田・鶴岡の文字が見えてきた。山形県が近付いてきたと言うことか。

この辺りの民家…

雪国仕様(ゴージャス版)
雪国仕様(ゴージャス版)

立派なお宅ですね。二重の玄関もスゴイです!

とりあえず雨は上がって、雲間に青空が覗いてきました。ええ感じじゃないですか。

天候、何とか持ってます
天候、何とか持ってます

13時
135キロ地点、通過チェック2のポイントに来ました。
この辺りは既に地震によるコース変更ルートに入ってる。

通過チェック2
通過チェック2

画像左手に写ってるランドヌールの向こう側に見えている白い案内板にクイズの答えが書いてある。
右手の方は本BRM唯一のランドヌーズ参加者さん。聞くところによると、ひどいアオバの完走実績をお持ちとも。小柄な女性でも600や1000を走り抜く方も珍しくなく、その小さなカラダのどこにそんだけのパワーを秘めているのか、いつも不思議に思います。

お二方ともちゃんとブルベカードにクイズの答えを書かれていますが、自分はゴール後に書こうと思うので、デジカメで撮っとくだけでGO!

この後しばらく、ランドヌーズの後方を走ることになったんだが、いやはや信じられん走りを見せて頂いた。
恐らく…失礼ながら…多分…自分よりもお姉さんだと思われるが、いやはや参りました。

13時半、146キロ

ここまで山間部を抜けてきましたが、T字路交差点にぶち当たった先は海でした。

日本海キタ――(゚∀゚)――!!
日本海キタ――(゚∀゚)――!!

日本海です。新潟初の日本海です!

窓の右手に日本海 海は灰色 雨まじり…♪

雨は降ってませんし風もないです。
ランドヌーズと二人旅で山間部を抜け、つかの間の平地走行に移行します。

そこから4キロほど、150キロ地点がPC1
14時前に到着したと思う。

PC1到達(Photo by Stuff)
PC1到達(Photo by Stuff)

PC1が150キロ地点と言うね!
ってか今回PCは2つしか無いというAJ群馬の愛を感じざるを得ないw

PC1には30分ほどいたかな。
到着した参加者さんとの会話を楽しむ数少ない機会。あれやこれやお話しさせて頂きましたし、撮影&コース巡回されている主催ともお話しさせて頂きました。楽しいひと時。これもブルベの楽しみの一つであったりしますね。

ここまでは順調でした。新潟での600キロブルベ。
この後もここまでの調子で行きたいが… つづく

呉発ブルベ開催

前記事掲載以降、休日毎にあちこち色んなイベントあってなかなかブログ記事を書くヒマが無かったですね、実は。

事故の件もありますし…
あ、事故の件の記事は各方面へ配慮して非表示とさせて頂きます。コメント頂いた方には申し訳ありませんが、ご了承ください。

さてこちらの2・3月の行動ですが、地元・呉出発のブルベを2回開催したですね。BRM223呉・大三島300kBRM316呉・牛窓400k

BRM223呉・大三島300k
BRM223呉・大三島300k
BRM316呉・牛窓400k
BRM316呉・牛窓400k

どちらも午前零時に呉の大和ミュージアム裏の大和波止場スタートと言う設定。コース担当はAJ広島代表氏。今回自分は下準備担当に徹しました。

深夜のブリーフィング
深夜のブリーフィング

223のゴールコンビニ、316のゴールコンビニ、どちらも事前にご挨拶に行きまして、ランドヌール・ランドヌーズが訪れることをお知らせしておきました。

223のコンビニではレジ横にこのように書いて頂けまして…

感謝!
感謝!

316のゴールコンビニでは深夜にイートインを開放頂けてたとのことでした。こちらも感謝!

多少面倒でも事前にお伝えしておくのが吉のようです。
他地区での開催でこのようなコンビニもあったと…

もちろんここまでの気遣いを期待してはいけませんが、有り難い限りですね。
そろそろコンビニ業界とブルベ界は相互メリットのためタッグを組む必要があるですねw

しかしこの時期の夜ブルベなので最大の敵は寒さ。
特に今回316に関しては走行中に雨と風が強くなり、一時的に雷を伴う霰(あられ)が降ったと聞いております。やぁ、そりゃあ厳しかったでしょう。お疲れさまでした。

で、316の方は郵送ゴールとしたので、こちらの手元に多数封筒が届きまして…

封筒多数到着
封筒多数到着

一番びっくりしたのは郵便配達の人だったんじゃないかと思われw
皆さんモレなくカードとレシート入っておりましたよ、ありがとうございます。家族の手を借りて開封・レシート確認しましたのでリザルト処理もあっという間に終了。

さて、スタッフばかりしててもアレなんで久しぶりにシマナミでも行ってみますか…
横着して尾道まで輪行(弱

尾道駅(新)
尾道駅(新)

知らなかったんですが、尾道駅がリニューアルしてましたね。
あれ?輪行バイクを組み立てるスペースやシャワーができるとか言ってなかったっけ???
ざっと見ただけで、探訪してないので気付かなかっただけかもですが。

しまなみ海道を走りまして…
えぇ、どこにも寄らずw
今日もサイクリスト多かったですね。

きょう目指したのは今治。
こちらの施設。

今治・シクロの家
今治・シクロの家

今治にあるシクロの家
サイクリストのためのゲストハウスとのことなので訪れてみたのですが、宿泊施設と言うことでお昼は閉まってました。
んなの行く前から分かってんじゃん。ってハナシよね。
まぁ所在が確認できただけでも行った甲斐ありです。

帰りは松山まで行ってフェリーで呉まで。
楽なもんですね、しまなみ周遊。

さて、次は常ちゃん初スタッフのBRM407開催。

BRM407広島・浜田200k
BRM407広島・浜田200k

広島市内のサイクリストにとってはド定番の日本海日帰りルートらしいですね。エントリー数も久々の満員御礼。

そして自分の次はFleche!
呉をナイスプレイスとして設定しているFleche。
人数が決まったのでホテルや居酒屋の手配などやって行きましょう。

そうこうしながらも来年のコースを考えたり…
あぁ…毎日忙しいが面白い…

淡路の翌日は神戸

オダ近淡路200を終え、西明石のホテルで一晩熟睡。
前夜は薄壁向こうの男性の声でなかなか寝付けなかったが、流石に今日は熟睡だった。
翌日は3連休明けの火曜なのに仕事休み入れて4連休にしてるサラリーマンがこちらです。そんな訳で今日1日フリーな日だ→このまま帰るのは勿体ない→折角なのでどっか走ってみたい。そなるわな。

ホテルの朝食バイキングをゆったり食しながら天気や時間をスマホでチェック。どうも今日は雲行きが怪しく午後からは雨のようだ。遠くには行けないな…本当は大阪万博公園の太陽の塔や、シーゾーンさんを再訪したいところだが、ココから60キロ以上はちょっと遠い…

少し疲れが残ってるし、明確な目的地も無いので正直なところちょっと気が重い。いっそ雨降ってるなら、雨だからそのまま帰りました♪って言えるんだが、降ってないだけにこのまま帰るのも名残惜しい。

ブルベ装備の荷物も多いな…終わってしまえば不要な荷物が多い。このリュックを背負って走るのはしんどい。
そか!送ってしまおう!!
フロントでヤマトの60サイズ箱を購入。ウェア類や今日は使わない装備等をぎゅうぎゅうに詰め込んで発送してやったぜ。

荷物が少なくなったら気も楽になってテンション↑↑↑
よし!これなら走れる!(単純なオッサンだ)
神戸まで行くかな♪
神戸なら20キロちょっとだ。
1時間ちょっとで行けるんじゃないか?
いつも通りの甘いヨミだ。

ホテル前で輪行を解き、2号線を東へ向かうことに。

東へ
東へ

大阪57キロ、神戸26キロとある。やっぱ神戸だな。9時半出発!
2号線を神戸方面へ向かう。

30分ほどで橋の下に来た。

明石海峡大橋
明石海峡大橋

昨日は船上から眺めたが今日は本土側のたもとに来た。ちょっと公園っぽくなってるここ。
橋の真下から上を眺める。

下の層に是非とも自転車道を…
下の層に是非とも自転車道を…

あれよねぇ~…
出来ん話だとは思うがこの下の層に自転車道を整備できんもんかね?って思う。しまなみ海道の橋を知ってるから尚のことそう思うよ。

更に神戸方面へと…あ!

TREK Bicycle 神戸須磨
TREK Bicycle 神戸須磨

TREKの店だ!開いてたら寄りたいのヤマヤマだがまだ10時20分。開店は11時と書いてある。残念、そこまで待てないわ。アデュー…

そしてこの辺の道…
この高架、見覚えのあるあの道じゃなのか…

これは、あの高架では…
これは、あの高架では…

阪神淡路大震災で何度も報道された倒れた高架じゃないのか?確かこんな光景だったと思うんだが…そう思うとあれから20年以上経ち、この目の前に広がる光景はあの時の惨状とどうやってもリンクすることができない。
それほどに日本全国どこにでもあるような日常が目の前にある。不思議な気持ちだ。

そんなことを考えながら神戸方面を漠然と目指して走ってるが、さっきから走ってる国道2号線。

めっちゃ走りにくい!

車道を走りたいのはヤマヤマなんだが、走ってるクルマはどうとでもなるが路駐の多さに閉口だ。かと言って歩道を走れば、歩行者はそんなに多くないが、歩道上に置かれている(店舗の?)荷物なんかが邪魔だ。
もちろん信号峠も…うへぇ~…
ペース上がらず時間が掛かる。

とりあえずの目的地はポートタワー。
スマホで位置確認しながら目指している。あ、行き過ぎたようだ。
戻ったところにマップがあった。

ガイドMAP
ガイドMAP

近いな…。

近かったw

神戸ポートタワー
神戸ポートタワー

そして小さかったww
思ってたよりカワイイ感じの神戸ポートタワー。

ワシの中の神戸ポートタワーは何処に…(笑)

画像はイメージです
画像はイメージです

プロカメラマンの腕の見せ所ってヤツでしょうか(笑)

バイクが無いならタワーに登ってみたいが、バイクを置いて行く気にはなれず。盗られたくないもん。

じゃ、とっとともう一つの目的地に向かいますか…

三ノ宮?
三ノ宮?

三ノ宮かな?大きな交差点から商店街に入る。もちろんバイクは降りての押し歩き。商店街歩いてたら、脇の路地から見えた景色が!

南京町
南京町

あ、いきなり到着!南京町。
来ました南京町、ここも訪れてみたかったんよね~。

で、歩くこと2、3分。

門、来た!
門、来た!

西側の門って言うのかな?
比較的に近かった。出ちゃったので戻ってみる。

反対側の門、来た!
反対側の門、来た!

東側の門(?)にあっという間に到着!

えっ!?南京町ちっちゃ!

横浜の中華街をイメージしてただけにちょっとビックリだ。でも、要素がギュッと詰まってるのは間違いなく、今の自分のようにダイジェスト訪問なら必要にして十分!

ここではファミマも朱に交わって赤くなってた。

ローカライズド・ファミマ
ローカライズド・ファミマ

そのファミマ前にあったコーラの自販機が可愛かった!

ローカライズド・自販機
ローカライズド・自販機

中国圏からの旅行客の姿も多かったが、彼らはここをどのように見ているんだろうかね。

さて、中華街に来たからには何か喰ってかないと。
どの商店からも呼び込みの声が賑やかで、豚まん人気店は行列ができていた。
例によって待ってまで食べる気は無いので、近くにあるお店に立ち寄り2品注文。

トウロンポウ
トウロンポウ

トウロンポウとエビ団子。
店先で立って食べようとしてたら、店の中で食べてよ♪と言われたので中へ。

エビ団子
エビ団子

うん。トウロンポウはお肉ホロホロ。ウマ(*´▽`*)
ご馳走様でした。

さぁてと…ダイジェスト訪問も終盤かな…

ナイス画的!
ナイス画的!

外に出ると雲行きいっそう怪しくなってきてて今にも降りそうだ。
取り急ぎ中華街真ん中にある、お約束のフォトチェックポイントも一応おさえとこうかね。

渡辺直美がw
渡辺直美がw

そうこうするうちに雨が降り始めた。ヤバイ。帰ろう。
小雨の中を新神戸まで向かい、駅前で輪行梱包。

新神戸駅からの眺め
新神戸駅からの眺め

新神戸のきっぷ自販機がサンリオチックになってた。

キティコラボ
キティコラボ

あれよね、キティ新幹線とか言うヤツよね。TL上でだけは見たことあるよ、うん。

職場と自宅への土産を買いキティ新幹線ではない普通のヤツに乗る。
車内はガラ空きなのに車輌最後席の荷物スペースは埋まってたので、座席横にIN。

帰路輪行
帰路輪行

こだま号ののんびり乗車もえぇですね。出張じゃなかなかできないある意味贅沢。クセになりそうです。
帰りも東広島駅まで奥さんに迎えに来てもらって帰宅。

ふぅ~。2泊3日の遠征ブルベも終わりました。
楽しかった!遠征えぇね!!
これは多くのランドヌール・ランドヌーズにオススメしたい。時間もおカネも掛かるけれど、是非とも知らない土地のブルベに出てみて。新しい発見沢山あるから。

そして今回、近畿さんの運営を見て色々と勉強になりました。
ありがとうございます。今後の広島運営にも役立てて行かせて頂きます。

やっぱ視野は広くなきゃだな。頑張ろ自分。

そしてつい先日届きました、ブルベカード。

ブルベカード
ブルベカード

あざーっす!
主催のお手紙とオダ近ステッカーも付いてました。
心遣いがニクイ!

さて次のブルベ、自分がエントリーしているのはAJ広島アラウンドシリーズ第二弾!

Around山口600

昨年は広島県内をグルっと1周で600キロでしたが、今年は山口県をグルっとして頂きます。コース担当はAJ広島エースの福ちゃん。
開催は10連休翌週の5月11日。10連休に開催しないのが今の広島らしい。

そして自分がいま大きく関わっているのが広島Fleche
ナイスプレイスを呉に移しての開催となる今年、準備進行しておりますよ。
そして何より今年はPBPイヤー!
フランスに行きたい人たちがこぞってFlecheにエントリーして頂いております。ありがとうございます。

PBPかぁ~自分は行くこと無いだろなぁ~
パスポートすら取ったことないドメスティックな男ですから。
海外よりも国内のあちこちのブルベに参加してみたいわ。

ともあれFleche頑張って是非ともフランスPBPに行ってください!!
広島Flechのエントリー〆切迫る!

オダ近 淡路200後半~淡路島は大きかった

前半よりつづく。

淡路島・洲本の甘味処 紺屋さんでゆっくりと休憩したとこまで書きましたね。
では後半戦行きましょう。

と、その前に…
淡路のあちこちで多く見かけたモノがあったのでその話題から…

飛び出し坊や1
飛び出し坊や1

そう!
かの有名な飛び出し坊や。島内のいたる所で飛び出そうとしてて危険極まりない状況でした。しかも亜種ばかりだw

飛び出し坊や2
飛び出し坊や2

体操服児童のもの…KWII.

飛び出し坊や3
飛び出し坊や3

これに至ってはもはや坊やじゃないし!ww
撮り損ねたが、しょくぱんまんサマァ💛って言ってて目がハートになってるドキンちゃんが飛び出しそうになってるのもあった。

とにかく多かったね。広島じゃそんなにいないよ。
ま、島根の女児には叶わないですな(笑)

さて、走りの方行きますか。

洲本の町中を抜けて川沿い道を単独走っておりました。恐らくはまたもや最後尾に落ちてると思います。
ふと見ると右手の川に掛かる橋の上でひとりのランドヌールが停まってた。その橋は明らかにコースアウトしている橋。橋の上での姿は明らかに

ここは何処?

って様子を体現していた。
オンルートで走ってる自分に気が付いた彼がこっちをガン見してきたので、

あっちあっち→→

って手でサインを出してルートを指示してあげた。
すぐさま彼は付いて来て言うんだ。

あー助かりましたあー助かりました(;´Д`)コースアウトして、ここがどこなんだか、全く分からなくなってたんです。どっかの団地まで行っちゃったし…💦💦

と、半泣きのご様子。いいとこでワシが通りかかりましたな。
信号停止し横を見ると見覚えのある景色だ。

学習済みの景色
学習済みの景色

あ、ここだわ。この工場の看板に見覚えがある。ストビューでの予習が発揮された瞬間!

この細い道に入って、工場の手前を左折ね。

と、彼に告げる。
お任せくださぁ~い。経験値だけはムダに高いですから(笑)

彼とあれやこれや話しながら走ってる。
ブルベは初参加。仲間とエントリーしたけど自分だけ8時半スタートになっちゃって仲間と離れて走っている。とのこと。
そか、そりゃ大変だわ💦
しかもガーミン一丁だけでルートトレースをしようとしてたと。
なかなかの猛者じゃの(笑)

で、自分が前を行ってたんだが(多分)彼は気を使って

牽きますッ!

って前に出てくれた。あ、ありがとう…
でも彼…

彼1号
彼1号

ずーっとアタマが落ちている。多分ガーミンをずーっと見ているんだと思う。そりゃペースも落ちるわな。

自分が前の時は29くらいで先行してたんだが、彼が前に出ると23くらいに落ちる。それを何度か繰り返した。
もちろん自分としてはソロライド主義者なんで前半でも書いたように、他の参加者さんに付いたとしてもコースは外して走るんだが、彼は気をつかってくれているようだ。まぁ、彼の父親と言っても過言ではない歳の差だから、ここは有難く恩を受けるべきか…しかし遅い…。

その後しばらくご一緒したが、あー助かりましたあー助かりましたを繰り返している。その言葉尻には

ゴールまでお願いしますね(はーと)

って聞こえているのは気のせいでしょうかね?ん?
だったらもっとピッチ上げて欲しいんですが…。

ちょっとした登り坂でペース激落ちの彼。
峠で到着待ちしてあげる(優しい→自分w)。

追いついてきて言う

ガン踏みですね!

そ、そうかなぁ~…そんなゲキサカじゃないと思うんだが…💦
まぁまだ経験も浅いから仕方ないよね。ソコは素直に頑張って!って思う。

しかしこの調子でゴールまで一緒ってのは正直ツライ。
ご一緒賜りたいならもっとペース上げて。お願い!
でもそれも無茶振りなのも重々分かる。

じゃぁの! って置いてくのは簡単だ。
でもそれやっちゃうと彼にとっては今日が最初で最後のブルベで、私らにとってはランドヌール仲間をひとり失うことになる。

ブルベ界に若い人を多く迎えたい身としては、ここはグッと我慢してゴールまで面倒見るのもそれはそれで意義ある行為だし…
悩ましい…。

今日のところは最後まで面倒見るかな…。それもブルベの楽しみ方のひとつよの…。って思うことにした。

ま、自分が前に出た折には23→24→25→26…って徐々にスピード上げてったのに彼が気が付いてたかどうかは知りませんけどねwww

あれやこれや話しながら走っているうちに次のフォトチェックポイントが見えてきた。次は弁天島の橋とバイクの撮影だ。

15時半
そのチェックポイントに到着すると彼が言った!

あッ!友達がいましたッ!!

マジか!
アンタの友達に合流できたんか。そりゃ良かった良かった!
ホント良かった(自分も)ww

お仲間さんは橋とバイクの撮影をしている最中だったので、彼らに言った

迷子になって泣いてた友達をお連れさせて頂きましたよ(笑)

ジジィらしいセリフでエェでしょ?w
彼を仲間たちに合流させ、自分も橋とバイクの画像を撮っとかんと。

通過チェック3 海の展望台広場 弁天島
通過チェック3 海の展望台広場 弁天島

何だよ赤い橋と撮影って書いてあったけど、赤いってのは赤サビかよ!(笑)
この橋は砂浜の沖合にある小島への渡り橋なんだな。
夕陽がちょうど逆光になるので、橋のたもとまで行って夕陽が入らないように撮影した。

撮影してると岸にいた彼が

ありがとうございました!

って大きな声で叫んで、深々と頭を下げていた。
なんだいいヤツじゃねぇかフッ…
最近の若いモンも捨てたモンじゃねぇですゼ。

大きく手を振って彼らとは分かれた。彼らは公園の自販機コーナーで休憩するようだった。その後無事に全員ゴールできたと思う。いい初ブルベの記憶で今日を終わって欲しいな。

さぁて再びソロライドになった。いつもの調子で行きましょうぞ。
残り70キロを切ったこの弁天島の辺り。淡路島の左下に位置する場所だ。
風が強い地域なんか、風力発電が多数あったな。

風車群
風車群

次はPC2道の駅うずしおに向かう。距離的には近い。数キロだ。
ここにもリサーチ済のお目当てポイントがある。

PC2 道の駅うずしお 
PC2 道の駅うずしお

折角のPC画像、上の変なのしか撮ってなくて後悔する自分。
PCは有人チェックでGTO夫さんが受け付けてくれてた。長時間の待機お疲れさまです!その様子さえ撮るの忘れて向かったのがこちら…

お目当て!
お目当て!

そう、このあわじ島オニオンビーフバーガーを喰いたかったんよ!ね!!
17時までだから間に合うかどうか気が気じゃなかったんだが間に合った!
良かった!!

ソフトもあるらしい
ソフトもあるらしい

ソフトもあるらしいが、それはまたの機会に。
バーガーって言っても何種類もあるようだが、初見なら妥当な線から攻めるでしょ。一位のヤツください!!

これこれ!
これこれ!

お店は行列ができていて、その列の中には複数のランドヌールが含まれていた。みんな考えることは一緒ね♪
しばし待って到着したバーガーがこちら!

ウハァ~♪
ウハァ~♪

え?
良くワカラン??

じゃったらコレならどーよ↓↓↓

ビーフ&オニオン
ビーフ&オニオン

バンズの間、上からデミグラスソース風の味付けされたビーフ、その下にオニオンリングのフライ、そしてレタス。
甘いタマネギとビーフの濃い味がマッチしてウマイ!来た甲斐ある!

石見GFの三瓶バーガーと同じ趣向だ。
しかし三瓶バーガーは石見GFの途中で喰った時より、クルマで訪れて喰った時の方が美味しかった。そーゆー意味ではこのバーガーも旅行で訪れて喰った方がもっとウマいんだろうな(笑)

喰い終えてお店の裏手に出てみた。おぉ絶景ポイントじゃないっすか!

鳴門海峡
鳴門海峡

夕陽が鳴門海峡に沈むところだ。うず潮もキラキラと輝いている。
うん。やっぱり来て良かった。

さて行きましょうかね。GTO夫さんに挨拶し別れる。ゴール地点でお会いしましょう(^^)/

ここで17時に間に合っただけでも十分なんだが、もう1か所だけ訪れたい場所がある。いそげ!

急いだ!
見えてきた!この建物が目印だ!!

淡路人形座
淡路人形座

人形座らしいがこの建物は単に目印。お目当てはこの建物の右となりにあるコレだ!

次のお目当て!
次のお目当て!

足湯。
そう、ブルベの途中で足湯に浸かってリラックスできるなんて最高じゃない?

ここかぁ~♪
ここかぁ~♪

そうそうココだよココ!間違いない!!
上の画像、右端に写ってるおばちゃんがいるが、この方がここの施設の管理人さんのようで、どうも仕舞支度のように見えたんで聞いてみた

足湯ってまだ入れますか?

現在時刻は16時55分。
17時までだってのは知ってる。おばちゃん曰く

今いま終わったんよ

ガーン😨
マジかー…まぁ仕方ないなぁ~終わっちゃったんなら…

淡路一周の途中なんですよ、ここの足湯に浸かりたくて来たんですが間に合わんかったですわ…って言うと、

そーね、そりゃ悪かったねぇ~…
足湯は終わったけど、あちらにある手湯ならまだ使えるよ。

お!
そうですか、折角来たんだから手だけでも暖めて行くですよ、もちろん!

指湯で我慢だ...
指湯で我慢だ…

この流し台のようなステンレスの容器。確かにお湯だ。暖かい。
冷えた指先だけでも暖められるのは、まぁ嬉しい。ホントは脚を癒したかったけれどね…。

おばちゃんにお礼を告げ再びスタート。
ちょっと行った先にこれが建っていた。

コウメ太夫?
コウメ太夫?

チャンチャカチャンチャン、チャランチャラーン♪

足湯に5分前に着いたのにぃ~
 入ることができませんでしたぁ~

   チッキショー!

って言ってる気がした。多分気のせいだ。

その後、恵比寿さんの前を通ってゴールへ向かう。

西路橋
西路橋

17時半
いよいよ陽は沈み、夜の足音が聞こえてきた。

そろそろ夜
そろそろ夜

キューシートの最後から2番目の行「湊」の信号を右折し、ゴールコンビニまで区間45キロをひた走る。
200キロブルベで45キロのコマがあるってスゴ!

この辺り=淡路島の左側海岸。
淡路島サンセットラインって言うらしい。

陽が沈む...
陽が沈む…

うん。
確かに水平線の向こうに陽が沈んで行く。キレイだ。

陽が沈み終わり闇が訪れる。闇の中を淡々と走る。
2、3名のランドヌールと前後しつつ無言で走っている。

今回のブルベで初登用した機材がある。

Cateye Quick
Cateye Quick

キャットアイのQUICK
このサイコンええよ。

バックライトは無いんだが、ブルベ常用のヘルメットライトでちょっとだけでも照らされているシーンで非常に見えやすい。通常の白地に黒文字のサイコンよりも格段に視認性が良い。
コレはオーバーナイトブルベの常連決定だわ。

そんなこんなで45キロを黙々と走り続けたほぼ終盤、山影の向こうに光るモノが見えてきた。

もうすぐゴール
もうすぐゴール

お!
明石海峡大橋のライトだ!!

うはぁ~ この演出はニクイなぁ~…
ぐるっと一周した最後で闇の中に橋のライトが見えたらゴールとか最高じゃね?
アワイチの良さってここに尽きるんじゃね。
分かったよ。

19時25分
ゴールコンビニ到着

ゴール
ゴール

コンビニには既に多数のランドヌール・ランドヌーズが到着していた。
皆さん、お疲れサマでした。

さ、レシートゲットしたら最後のゲキサカ登ってゴール受付行きましょう。
受付はハイエースの車内で。アタタカイ…

手にしたのはメダルと…

悲願!オダ近ピンズ!!
悲願!オダ近ピンズ!!

今年で見納めとなるデザインの200kメダル。
そして前々から欲しかったオダ近ピンズ!

さすが巨大組織だわ、こんなピンズまで作れるなんて。
広島も頑張ります、色々。
だから皆さん、AJ広島開催のブルベに是非お越しください!(笑)

さぁて…冷えるんで帰りますか。
GTO夫妻、KTYM夫妻にお礼と別れを告げて港に向かう。ありがとうございました&お世話になりました。またどっかのBRMシーンでお会いしましょう(^^)/

港までちょっとの自走。20時の船は出たばかりで40分待ちか…
寂しい感じの待合室でひたすら時間を潰す。

到着した船は朝の船とは違う種類でカラフルだった。

帰りの船
帰りの船

やぁ~、終わった終わった。
初遠征。初アワイチ。初オダ近。終わり。

明石港に到着しユルユル走ってホテルに戻る。
ホテル前で輪行袋にバイクを納め、部屋に戻り、風呂で暖まってサッパリと。

さて晩飯行こうかね。
走った後は回復食。回復食と言えばコレしかないでしょ。

回復食
回復食

Googleセンセにステーキ店を案内して頂きました。
いつもお世話になります。ハイ。

淡路島での200キロブルベ、色々と楽しめました。
遠征っていいわ。是非、遠征ブルベやってみて。良かったら広島までwww

最後に今日の記録ね

次記事は翌日の様子をお伝えします

オダ近 淡路200、前半

前々記事でスタート直後のところまで書いてました。
さぁ、本編いよいよ行きましょう!

今日は8時半にスタートし、認定制限時間は13時間30分後の22時。
改めて今回のコースを見てみようか。

公開されてるルートラボを見る限り、大きな山越え・峠越えはなく最高標高でも150mほどのようだ。単純に淡路島を一周するいわゆるアワイチではブルベ規定の200キロに満たない150キロほどしないので、わざとゴチョゴチョっと八の字周回部分を入れている。

これだけを見れば、難易度の高くない200Kブルベのように見える。
しかし過去幾度もブルベに出てきて思うのは

簡単なブルベって無い

ってこと。
そう思えば今日の200キロも決してナメてはいけない。
主催者は「初心者向きの走りやすいコースです。」なーんて書いてるが、そこはオダ近。コトバ半分で聞いておこう。

ほぼ最後尾スタートを切った五十路オヤジは焦らず飛ばさずマイペースで行きましょう。ルートはいつものコマ図方式。

この巻紙方式を見た他の参加者さんが口々に言ったのは、

まだこのやり方で走ってる人いたんだ!

えぇ、いますよアナタの目の前にw
コマ図を使う人がいないなら、なんでオダ近は公式コマ図をサイトで公開しているんだ?って話よね。
更に言われたのは、

雨降ったら破れるんじゃね?

って。ご心配には及びません。耐水ペーパーなんで丈夫です。ハイ。
さて、前置きが長くなりましたが当日レポ行きましょう。

スタートしてからは淡路島の東海岸を洲本方面に南下する、コースアウトしようが無いルート。

西海岸的
西海岸的

天気は非常に良くてピーカンの青空。
街路樹もなんだが南国っぽくて宮崎じゃね?って感じ。
道は淡路の主要道、国道28号。道幅は広くてクルマも少なく快適快適。

しばらく行くと正面に何やら灯台のようなのが見えてきました。

何か見えるぅ
何か見えるぅ

でも形が何かちょっと灯台ではない雰囲気…もしや…

デケェ Something
デケェ Something

これは…
何らかの宗教団体のものかと思われたが、検索してみたところ単なる観光施設だったようで…しかも廃墟とは…どーりで左脇腹に穴が開いてた訳だ。

その像らしき建物が眺めてたのがこちらの景色。

クッソ えぇ天気
クッソ えぇ天気

いい天気に見えるだろ。
とても1月寒空の画像には見えねぇだろ。
ま、実際気温も上がってこの頃は寒くはなくなってて快適そのもの。

更に行くと、また観覧車が見えてきた。

またもや観覧車
またもや観覧車

淡路の人ってどんだけ観覧車好きなんだ。

この辺りで先を行く集団に追い付く。

追いついた
追いついた

個人種目であるブルベでも、やっぱりこうやって他の参加者さんに逢えると安心感あるよね。
でもこの画像からも分かるように、先を行くランドヌール・ランドヌーズからはちょっと離れ、走行ラインもあえて外して走る。個人種目ですから。

程なく洲本市に入る。

洲本市突入
洲本市突入

洲本は淡路島の中心地であるそうな。
その辺は全く知らず入島しているのがこの男です。何のためにストリートビューを見まくってんだか…

市中心部に近付くにつれて交通量が激増。クルマ多いわ!
その後も島内あちこちで「クルマ多いな」って感じる場面が多くて、ランドヌールに「クルマ多いっすね」って話し掛けたところ、ここは鉄道が無く移動手段はクルマしかないので多いんですよ。って言われた。

こちらの勝手なイメージ、島と言えば江田島とかとびしまとかしまなみ海道とかのイメージでそんなにクルマは多くないって気だったので、この多さにはかなり驚かされた。

そんな洲本市街地の真ん中を流れる川ではカヌーの姿も。

カヌーイスト発見
カヌーイスト発見

でもこちらが探していたのはカヌーイストではなくトイレ。
スタート地点にトイレが無くてずーっとトイレを探してたんだが、道路脇の公衆トイレ的なものに巡りあえなくて、ここまでずーっとシッコ我慢してきた。

仕方ないので川沿いのローソンに立ち寄りトイレ拝借。シッコ止まらんか思うたよ(;´Д`)

10時過ぎ。
何の変哲もないダイハツの販売店の前を通過。

もう一度来る景色
もう一度来る景色

だが私は知っている。
数時間後にこのダイハツ販売店の前をもう一度通ることを。
しかもこの交差点左から出てくるってことを。ストリートビューで確認済だフッフッフッ…

シッコ休憩してる間に最後尾に落ちてたが、また集団に追い付いた。

巡航、巡航
巡航、巡航

大きな木造遊具のある公園前を通過。

貫一お宮?
貫一お宮?

手前の噴水には貫一お宮の像か?違うな…

11時頃
さっきまで左手に見えていた海が右手にワープしてた。いま自分は鳴門海峡方面に向かって走っているハズだ。

海が右手に
海が右手に

島のま反対側まで来たようです。
この後、ちょっとだけヒルクライムやりますと小高い丘の上に風力発電の風車が見えてきました。

ホテル自営風力発電?
ホテル自営風力発電?

塔にホテルの名前が書いてあります。ホテル自営の風力発電ってことでOK?
そしてそのホテルが近いと云うことは、最初のフォトチェックポイントが近付いたということです。

11時8分
フォトチェックポイント1 南淡路展望台ってところまで来た。ここまで60キロ。

通過チェック1、南淡路展望台
通過チェック1、南淡路展望台

この句碑の前でバイクの画像を撮ることが通過証明になる訳で、その場に居合わせた他のランドヌールお二方と順番交代しながら撮影。

各々撮影してるとブルベシーンでの出現率が高い「どっから来たの?何キロ走るの?へぇ~スゴイね!この自転車って高いんでしょ?」おじさんが現れた!(笑)
カメラ片手のそのおじさん(正確には爺さん)は、私ら三人が並んでガッツポーズの写真を撮りたいから、碑の前に並んでくれと言う。

違うだろ!

こちとらアンタのジコマンのために今日1日走ってんじゃない。他のお二方はお優しいので並んでピースってやってるが、こちとら反逆行為。全く応じることなく早々に走り去る。

もしあの時のジジイがこの記事見たらコメント欄が荒れるか?w
もしもあの時のジジィがどっかのお偉いさんで私が従順だったら、道路行政の何某かを改善してくれてる可能性もゼロではないが、まぁ悔いても(悔いちゃないが)時すでに遅し。世の中いろんな人がいると言う理解が深まって良かったのではないでしょうか。

南淡路展望台を早々に立ち去り、30キロ先のPC1コンビニを目指す。
途中遭遇した乗り物がこちら…

営農用車輌通行中
営農用車輌通行中

地方開催ブルベでの遭遇率が比較的高めな農耕車輌。積載しているのは農薬散布の機材かな?
淡路島と言えば有名なのは、やっぱりタマネギ。
行く先々でタマネギの何某か看板があったり、島内の多くの場所でタマネギの匂いがしてたし、島民はみんな永沢君フォルムだった。かどうかは定かではない(笑)

鳴門海峡方面を去り、再び洲本市街地方面に向いて走る。海は右手に見えている。この辺りで対向からやってくるガチアワイチTT勢と多数スライド。彼ら・彼女らは速くあっという間に去ってしまう。近畿圏の人たちなんでしょう。

そしてこの辺り、淡路島モンキーセンター界隈の道はアスファルト舗装ではなく荒れたコンクリート舗装で路況が良くない。このテの路面って疲れるよね~。10キロほどそんな区間があったかな。長く感じられた。
そしてこの辺りから対岸に見えるどっかの都市。

大阪?
大阪?

大阪?和歌山??
どっちか知らんけど、ビル群が彼方に見えている。

そして、手前直近に見えている謎の看板。

出た!パラダイス
出た!パラダイス

ナイトスクープ的な何某か。
ここもストビューリサーチの時にUFO神社があるとか、香しいニホイがプンプンしそうなスポットがあるのは知ってましたが、立ち寄る気もなくスルー。

スルーでw
スルーでw

このテの観光施設(?)にありがちな廃墟感かと思いきや、敷地入口ゲートのところにはちゃんと集金(?)の人が居たりして、思ってたより生きてる(失礼な!)観光スポットなんかも知れん。知らんけどな。

郷の辺りはちょっとした山岳地帯で道幅も狭く、クルマ同士の離合も困難な状態。なので先を行くクルマに付いて走る感じ&スグ後ろにもクルマが付いて来てる感じ。ご迷惑にならないようクルマと同じ速度で走るですね。

山岳地帯が終わると由良と言う小さな町並みに出ました。ここが本日最初のPCがある地域。
目的のコンビニは小さいので見落とさないでね♪ってGTOさんがブリーフィングで言ってましたが、沢山ランドヌール・ランドヌーズが集結してますので、見落としようが無かったです(笑)

12時40分
PC1であるLIFE由良南店到着。ここまで94キロ。

PC1 ライフ由良南店
PC1 ライフ由良南店

LIFEって名のコンビニ?スーパー?は広島には無いんだが、ポプラ的な立ち位置かな?
自分が到着する頃には早々に走り去る方もおられた。店内は多くの参加者で溢れており、地元のお子さんがブーブー怒ってて、それをなだめる近所のおばちゃんの寛容さが輝いてました。

混雑
混雑

ブリーフィング時に「お店には100人近い自転車乗りが訪れるので物資の充実をお願いしているんだ!」と言われてました通り、食べ物は十分にありました。感謝。レジの店員さんは大わらわでしたお疲れです。

自分が購入したのは地元ならではのこちら。

お目当ての飲み物
お目当ての飲み物

こちらもリサーチ済みの品。淡路島コーヒー
Sサイズでしたね。もうひと回り大きなMサイズ、ご家庭用Lサイズもあったり、同名のプリンなんかもありました。淡路島の牛乳使用とあります。そ言えば途中で牛舎特有のあのカホリを嗅いだような気もするな。

ま、普通のコーヒー牛乳でしたが甘くなさすぎて良かったです。
店先でパンと牛乳食しておりますと、

それが昼食?折角淡路まで来たのに、それで済ませちゃっていいの?洲本まで行けば幾らでもお店あるのに(残念なお方…w)。

ってランドヌールから言われる。それもそだな…
咄嗟に「ノープランなんッスよ」と即答してしまったが、プランが無い訳ではない。昼食か?と言われれば微妙だが…

パンと牛乳食べ終わり、次へ向かう。
次はフォトチェックポイント2、洲本城。
看板とバイクを撮影しろと。

PC1からは近かったですね。

通過チェック2 洲本城
通過チェック2 洲本城

通過チェックとしては↑の画像を撮るだけで良かったんだけど、折角の遠征なのでお城まで上がってみることに。

お城見学会
お城見学会

石垣の積み方や規模感からしても歴史あるお城感。
あ、お城に関しては全く無頓着な男が口から出まかせ言いました。

もちろん城内ではバイクには乗らずに押し歩きです。そのためにクリートカバーも持って来てますし。

本丸
本丸

洲本城本丸。かなりカワイイ感じ。
残念ながら本丸の中には入ることはできなかったですね。
自分の他にも数名のランドヌール・ランドヌーズが訪れてました。

で、ここからの眺めが良かったです。

洲本の眺め
洲本の眺め

抜けるような青空、凪いでる大阪湾、眼下に広がる洲本の街並み。
時間を惜しまず登ってきて良かった。
とは言えゆっくりし過ぎてもイケないので、次に行きましょう。

洲本市街地でお会いした方が素敵なサコッシュを提げておられましたw

至適サコッシュ
至適サコッシュ

いつも心に非常用袋を。
そう言われてる気がしました。

さて、事前に休憩ポイントとして決めてたお店はキューシート19コマ目、栄町2丁目東交差点の左折ポイントのところにある。

ココだ!

予定済み甘味処
予定済み甘味処

ストビューでたまたま見つけたお店。
かき氷専門店 紺屋さん。
かき氷だけで年中営業できる店って無いだろ、甘味処ならアレもあるんじゃね?って見ているとやっぱりぜんざいもあるとな。これは寄らねば!

店先にバイクを立て掛け「ぜんざいってありますか?」って店内に声を掛けるとお店の方は一瞬驚いた感じだったけど、やってるよ♪って頂けたので注文して店内へと

お品書き
お品書き

しばし待ってる間にほうじ茶を急須で出してくれて暖まる。
ガラス窓の向こうにはエディオンがデカデカと建ってて、手前の交差点は順次ランドヌール・ランドヌーズが走り去って行く。またも最後尾に落ちただろうな。ま、えぇよ。時間は(多分)あるんだろうし。詳しく時間計算してない。

餅を焼く香りの後、しばらくして供されてきました。

自家製ぜんざい
自家製ぜんざい

店主さんいわく、あんこは自家製で炊いて餅も自分とこでつく。と、こだわりの品。冷えたカラダにはこの甘味と暖かさがご馳走です。お代わりしたい。若しくは別メニューの焼きもち所望。

食し終えた後、どこから来たの?この時期に淡路一周とか寒いでしょとかあれこれとお話ししまして、夏季は自転車乗り向けにポンプやパンク修理道具も用意してるんですよ。って。
カンニング竹山似の店主さんはとてもいい人でした。お世話になりました。

ここまで105キロ。現在時刻14時半。
後半戦につづく。

広町.com自転車部 新年会開催!

自転車部と名乗っているものの、部としての自転車イベント活動がすっかり無くなってしまった、我が広町.com自転車部。

元々ユルい集まりだったのが幸か不幸か、部員それぞれが自由な方向性で活動を始めたため(笑)すっかりまとまりのない部になってしまいました。

私はブルベに行きましたし、実業団で頑張っておられる人もいますし、MTBに行った人、エンジン付きに乗り換えた人…。
様々な理由で自転車を降りた人もいます。えぇそれはそれでいいと思っています。人生いろいろですからね。私だっていつまで乗ってられるかなんてわかりませんもの。

でも一時だっただけでも、一瞬だったかもしれないけれど共に自転車と言う趣味で時を過ごしたことに変わりはありません。

恒例の忘年会は奥さんの入院で見送ったので、新年会として開催しました。

有難いことに今回もこんなにも沢山の方に集まって頂けました。
決まってるのは開催日と開催場所だけ。
来たい時間に来て、帰りたい時間に帰る。
飲み物食べ物は自分が飲み食いする分だけを持参。
会費は無料。
このルールももはや定番。

あれやこれや話は尽きず午前2時でも…

今回も皆さん午前2時半まで飲んだくれて頂きありがとうございました。

次回は花見です。
たった3ヵ月先ですが、また集いましょう。

奥さんは新しいプラレールの車輌を導入しました。
娘は新しいゲームを購入しました。

えぇ~じゃったら私はダッチオーブンかピザ窯でも築かなきゃならんじゃない!?

初遠征!オダ近BRM!!

前記事で告知してた通り、オダックス近畿主催・BRM114淡路200kに行ってきました。
昨年は熊本Flecheに参加しましたが実は『BRMでは地元・広島以外のブルベに出たことが無いんですよ』って言うと、多くの方から意外~って反応を頂く。そか?
しかもクルマで行かないので、新幹線輪行&前泊・後泊と言う豪華ツアー決定!翌15日は仕事に休みを入れてカンペキ!!

初遠征でワクワクですよ♪

今まで輪行は何度か経験しているが、袋の中でどうしてもホイールがガチャガチャしてフレームが傷ついたりして不満だったので今回は事前に何度も練習し、どーやったらキッチリと梱包できるかを入念にリハした。
持参する装備もこの時期の耐寒訓練に備えて最も厚手のもので揃える。どうしてもかさ張ってしまうが仕方ない。
輪行遠征ってのは、持参する装備を必要最小限に留める必要があると言う時点で既にハードルが若干上がってしまい、ブルベが自宅から始まってる感すらも味わえる訳でその分、ブルベを他の方よりも十二分に楽しめている!って思うのは自分だけだろうか。

前日13日。
荷物の最終準備を済ませ、16時に帰宅する奥さんをソワソワ待つ。
彼女の帰宅と同時に東広島駅まで送ってもらってこだま乗車。

東広島駅、行ってきます!
東広島駅、行ってきます!

こだまってなかなか乗ることが無いんだが意外と乗客多いな。もっとガラガラかと思ってた、ゴメンよw でもそれは次の福山までだった。まぁ大抵の人はココでのぞみに乗り換えるよね。

新幹線輪行お約束の最後列席うしろの荷物置きスペースも争奪戦と云うね。大型キャリーバッグの人も多いからね。何とか輪行袋を置き、しばしゆっくりする。

が、こだま 列車の進行もゆっくりだ。各駅毎の停車時間が長い長い(;´Д`)
ツウな人はその時間にホームに出て売店で買い物したり、うどん屋に入ったりしている。ナルホドそーゆーことね。

20時前に西明石へ到着。予約したホテルは駅近くにとった。が!
この男のお約束でホテルに辿り着けないと言うね(;´Д`)

お前は500m歩くレベルでもキューシートが要るんか!

って罵られるレベル… Googleセンセに助けられて何とか到着。ふぅ~…

さぁて…明日は何時に目覚ましをセットするかな。
起床→買ってるパンを喰う→身支度をする→ホテル前で輪行を解く→淡路島に渡るジェノバライン明石までは約4キロ自走→13分の船旅→ジェノバライン淡路港からスタート地点の松帆の湯までは3キロ。ん~…

ジェノバラインは高速艇のようで、積載自転車が多かった場合は積み残しになるか輪行袋での積載になると書いてある。…。それも面倒やん。
ん~…思案の末やっぱ5時起きかな。ホテルの朝食食べれんけど仕方ない。

目覚ましをセットした5時前に目が覚める。子どもの遠足並じゃ。
パンを喰いつつ天気予報をチェック。うん。雨の心配は無さそうだ。レイン関係は部屋に置いとこう。

鍵をフロントに預け、ロビー前で輪行を解き、さぁ行きますか!
国道2号線を東へ。ジェノバラインの目印は『左手にファミマのある交差点を右折』と覚えとく。

いざ出発!
いざ出発!

走りはじめてスグに思ったのが、指先がとても冷たい。
早朝のこの時間が最も気温が下がる時間だから仕方ないな。サイコンを見ると1℃ってなってる。うぅ…寒さDNS or DNFはヤだな…。

目的の交差点まではあっという間だった。信号待ちしてるサイクリスト1名発見。どー見てもランドヌールだ。

おはようございます!

声を掛ける。寒いですね。地元の方ですか?広島から来ました。みたいな…
交差点を渡るとジェノバライン本土側港はスグだった。

ジェノバライン明石
ジェノバライン明石

来た!ついに来たぞ!
200k-BRMの1日が始まる高揚感。いいね、忘れかけてた何かを思い出す。
ここ最近はスタッフばかりやってて、決してそれがイヤだと言う気は無いんだけど、純粋にひとりのランドヌールとしてBRMを楽しめなくなってたのは事実。

今回、近畿さんのBRMに出させて頂くことでスタッフ業務から全く切り離された単なる参加者としてブルベを楽しむことができる。それも目的のひとつであったことは間違いない。

初遠征。初アワイチ。初オダ近。何もかも初めてだ。嬉しさしかない。
50も過ぎてこんな経験させて頂けることがとても嬉しいよ。

港に着くと既にランドヌール数名が列を作っていた。軽く挨拶。
そだ!切符を買わなきゃだな。急ぎ自販機で切符を買う。

乗船券購入
乗船券購入

社食の食券を買うみたいで、ちょっと気分↓な券売機。

お値段
お値段

乗船待ち列の最後尾へ。この人数なら全員乗れそうだな。安堵。
程なくして船が着岸してきた。まぁまぁ大きい船だ。
(こないだの瀬戸田の船よりはるかに大きいw)

ジェノバライン明石
ジェノバライン明石

船尾のデッキも広くて自転車沢山積めるじゃん!誘導されて乗せて自分は客室内へ。
あったかぁ~い♪ホッとするわ。
船内のランドヌール・ランドヌーズは20名ほどかな?他に釣り客とか数名。

自転車220円ってのが高いか安いかだが、係の人は自転車を丁寧に扱ってくれるし船上ではちゃんと固縛してくれてるので妥当なお値段と思ったよ。

積載状況
積載状況

7時
船は離岸しエンジン フルスロットル!
早い!!さすが高速艇だわ。そして朝焼けをバックにそのシルエットを写す巨大な明石海峡大橋。

明石海峡大橋
明石海峡大橋

綺麗だ…こんな大きな橋は見たことない。
もうこれだけで今回来た甲斐の半分くらいはある←違う!
短時間でも船路があるって旅情があっていいよね。
淡路島が近付いてきた。お? 観覧車が見えるじゃないか。

淡路SA 大観覧車
淡路SA 大観覧車

後で検索してみたところ、淡路SAの観覧車らしい。
へぇ~高速道のSAに観覧車があるんじゃね。初知り!

7時20分
淡路島到着、下船だ。

上陸!
上陸!

乗船してた中にランドヌーズが1名おられた。頑張りましょう!
ここからスタート地点までは約3キロ。三々五々スタート地点に向かいます。
途中、ここ岩屋の町中を抜ける最中にあったお店…

酒池肉林
酒池肉林

みなまで言うまい (;^ω^)
そして、明石海峡大橋が再び近づいてきた。

明石海峡大橋
明石海峡大橋

しかしデカいわぁ~…世界最長のつり橋なんだってね。

7時半
距離は短いものの激坂を登って、スタート地点である松帆の郷へ到着。
既に多くのランドヌール・ランドヌーズが集まっている。

スタート地点到着
スタート地点到着

今日の参加者は100名。
広島ではやってない時間差スタートを取り入れておられる。
8時スタートが50名、8時半スタートが50名。自分は後の組だ。
で、そのエントリー枠があっという間に埋まる「エントリー峠」があると。
さすが大型組織だ。我がAJ広島にはエントリー峠ないからね…

受付しているスタッフさん達、今日は丸っと1日よろしくお願いします。
ってか、知ってる顔多数。GTO夫妻、KTYM夫妻。あ、トトロ監督も!w

受付中
受付中

GTO妻が言う。

え、こなきさんって矢口さんてお名前だったの!?

えぇ、良く言われます。ソレ…(笑)
かれこれ30年ほど前、妻の実家に初めて行った際にお義母さんも同様に言われましたから。え、何十年前から名乗ってるんかって!?

話が逸れました…
8時スタート組の受付・ブリーフィング中ぶらぶらしてみる。
おぉ…ここから眺める明石海峡大橋も素晴らしい!

朝焼けの光の中に…
朝焼けの光の中に…

戻ってみるとブリーフィングは終わってて車検が始まっていた。

車検
車検

その中に…

ランドヌーズッ!
ランドヌーズッ!

なんと、この気温でナマアシのランドヌーズが!!
寒くないのか…すげーなおい…

車検が終わり次第、順次出走のスタイルのようだ。
広島の場合、受付→車検→ブリーフィング→一斉スタートの形式だから違うもんだね。でもその方がスタート直後の車列が分散されていいんだな。

さて、次は自分たちの番です。受付受付。

受付中
受付中

お世話になります。

オダ近スタッフs
オダ近スタッフs

広島以外のブルベカードを初めて見たよ。

ブルベカード
ブルベカード

各項目に小さな文字で日本語訳が書いてある。丁寧だ。
さすが巨大組織!
そしてブリーフィングが始まりました。

ブリーフィング
ブリーフィング

本日のコース概要等々。これは一緒のスタイルじゃね。
ブリーフィングが終わって車検。で、車検が終わった順に各自スタート。

ここで気が付いた。そか。早く出走しようと思えば車検を早めに終わらせなきゃなんだな。それが分かってなかった自分は車検待ち列のほぼ最後尾になってしまった。そかそか…

なんで出走もほぼ最後尾(;´Д`)
まぁ時間は長いんだし、どっちみち寄り道するき満々だし元々ファストラン志向じゃないからぼちぼち行きましょう。

かの人も動画の中で言ってたじゃないですか。

しばし名言
しばし名言

そ、本命は後から来るんよ
焦っても仕方ない。だって遠征して来てるんだから楽しまなきゃ勿体ない♪

さ、そんなこんなでほぼ最後尾スタートを切りました。

スタート直後
スタート直後

海を左手に見て淡路島を時計回り方向にグルルッと一周とちょっと走る200キロブルベ。いよいよスタートです。

長くなったのでここで一旦切ります。