熊本Fleche参加までの道のり~何もかも初めて

今回の熊本フレッシュに参加させて頂くことになった経緯を…

あれは昨年12月。過去記事に書いた下見のような雪見ライドしてた真っ最中にモリワキさんからFBのメッセンジャーで連絡があったのよ。

杏奈さんとフレッシュに出ようと思うんですが、こなきさんも一緒にどうですか?って。

え?フレッシュって5人で走るヤツよね?
このぼっち系サイクリストを誘って頂けるんですか?(*’▽’)
嬉しいじゃないですか。
って実は、こなきはフレッシュ経験者だったと勘違いされてたフシありw

ですが、お約束として最初に現れる嫁坂と言う激坂をクリアしなければ参加もへったくれもないので、奥さんに相談したところ…

行っといで!楽しめるウチに楽しんどかないと!!

と、非常に男気のあるお返事で快諾頂けまして、一気にテンション↑↑↑

そこからは、フレッシュに関して参考文献読み漁りまくり。
何せ今までフレッシュ参加なんて全く考えてなかったですから。
特に何度も読み返したのはAJのサイトにあるこちらのPDF文書

通常のブルベとは違いルートは自分たちで作るので、どんなルートがいいか案を出してみて意見を募る。

今回、実際に走ったルートはこちら。

観光優先、ビューポイント優先で獲得標高は高め。
昨年末に腰を痛めたモリワキさんのことを思うと、ちょっと不安になる。

そこで、獲得標高を極力抑えた案も考えてみた。

ただ、コレだと信号峠がスゴそうなのでちょっと見送り。何より街場しか走らないのでビューポイント皆無と思われた。

更に色々調べてると九州新幹線を使えば、広島→鹿児島は2時間半で行けると言うことを知り、じゃあいっそ桜島スタートにしちゃいますか!ってぶっ飛んだ案がこちら。

桜島も見てみたいよね。日南海岸も通るし。
サンメッセ日南のモアイ像と一緒に通過チェック撮影するのにも惹かれた。

また、仕事峠が厳しそうな杏奈さんのために、香川県スタートにした案がこちら。

フレッシュの精神の忠実に真っ直ぐにゴールを目指すベスト案ではあるが、佐田岬から佐賀関までのフェリー移動中も24時間のカウントダウンが止まらいし、万一フェリーに乗り遅れたら最後!って恐怖もある。

各方面をなるべく取り込んだ最大公約数的な案も生み出してはみた。

ルート考えるのって楽しいねぇ~♪♪♪

一方、人選はモリワキさんに一任してた。
先の記事で浜ちゃん、カタヤマさんと夜に飲んだことは書きました。

また上の方で書いたように、杏奈さんとモリワキさんがフレッシュ出たいね~って昨年のAJ広島忘年会の席で話したことから今回のエントリーに至った訳で。
モリワキ、杏奈、浜ちゃん、カタヤマ、こなき(敬称略)、以上5名。

そしてもう1人。サポートカー担当が!
Flecheの規定に書いてある。

サポートカーの伴走は認められないが、休憩地点に限りサポートカーの支援を受けることができる。

今回、モリワキさんの腰の治癒具合が最も気がかり。
なのでサポートカーが付かず離れずでいてくれるのは、モリワキさんご本人も私らも安心感UP。

そのサポートカー・ドライバーを買って出て頂けたのがノダカナさん(♀)
ノダカナさんは、たっかん&けーきさんとも、とても親しい間柄とも。

『美人だけど、気さくないい娘です。可愛がってあげてね!』
『時々ノダ砲をぶっ放す』
ふむふむ。楽しみじゃないですか。

ってことで、役者は揃った!
そして、こなきがこのチームの代表となり、色々とお世話係を務めさせて頂くことに。

さぁ、ではいよいよフレッシュ当日の記事に行きますよ。
つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。